このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:2回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
初期心的現象の世界 : 理解のおくれの本質を考える
ショキ シンテキ ゲンショウ ノ セカイ : リカイ ノ オクレ ノ ホンシツ オ カンガエル

責任表示 村瀬学著
シリーズ MC新書 ; 019
データ種別 図書
出版者 東京 : 洋泉社
出版年 2007.8
本文言語 日本語
大きさ 339p ; 18cm
概要 著者は20代に心身障害施設で“ちえおくれ”“自閉症”と呼ばれる子どもと出会う。その子どもたちを前にして何とか理解したいと考えた。発達心理学や障害心理学などを借りて理解しようとするが、かいもく理解する手立てがなかった。それなら、自力で自前の論理をつくらねばならぬ、それも“症状”としてではなく“心的現象”として理解する道を—。自分を理解するように子どもたちを理解する視点から「客観—科学」の一面性を突き...ろうとする著者の出発点となった処女作の待望の復刊。かつてどんな発達心理や障害心理からも得られなかった世界がいま展開される。続きを見る
目次 第1部 予備考察(方法としての“弛緩”
心的現象総体への視点)
第2部 初期心的現象の世界(初期とは何か
初期心的現象の変容と発達
理解のおくれの本質)

所蔵情報


中央図 4A 028112009504798 376.11/Mu 57 2007

中央図 自動書庫 058112008028906 376.11/Mu 57 2007

書誌詳細

著者標目 村瀬, 学(1949-) <ムラセ, マナブ>
件 名 NDLSH:幼児
NDLSH:発達心理学
分 類 NDC9:376.11
NDLC:SB157
書誌ID 1001339727
ISBN 9784862481917
NCID BA83041086
巻冊次 ISBN:9784862481917 ; PRICE:1800円
NBN JP21278309
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています