このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:7回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
原日本人やーい! : あん・まくどなるど対談集
ゲンニホンジン ヤーイ : アン マクドナルド タイダンシュウ

責任表示 地球・人間環境フォーラム編
シリーズ Asahi eco books ; 20
データ種別 図書
出版者 東京 : アサヒビール
出版者 東京 : 清水弘文堂書房 (発売)
出版年 2007.7
本文言語 日本語
大きさ 335p ; 22cm
目次 C・W・ニコルさん—「ぼくはこの国へお返ししたい。日本人じゃなければ、できない仕事があるんです」
萱野茂さん—「狩猟民族は、足元の明るいうちに村へ帰る」
渡邉護さん—「生涯の仕事だったからね、わたしの場合はね。36年間も捕鯨船にのって、クジラと一緒に働いてきたんだから」
山縣睦子さん—「目標を100年先において森林を育てています。百年先に答えがでるでしょう」
石毛直道さん—「食べ物の楽しみはおいしさという快楽にある。それを否定せずに新しい倫理をつくることが問われているのです」
今井通子さん—「ヒトが生命体として生きられる地球をつくるためになんらかの努力をすれば、動物にも植物にもいいことになる」
松本善雄さん—「自然の米を食べて、ゆっくり空気を吸って、きれいな水を飲んで...」
佐々木崑さん—「動物を撮ろうとすればその動物になりきらねばなりません」
岩澤信夫さん—「たくさんの命が循環する環境ができるからトンボやカエル、クモも田んぼで生きていける」
高田宏さん—「自然にはおおきな幅があります。美しい自然がある反面、恐怖のどん底に叩きこまれるような恐ろしい自然も」
加藤登紀子さん—「都会にいると自分の生活を自分の手でできなくなりますから、ここ鴨川自然王国にいてイネやダイズを育てたりしています」
磯貝浩さん—「『この地球上に生息した生物のなかで、人類は最悪び生物だ』という仮説を前提として......もちろん、そうでないことを願いつつ......」
続きを見る

所蔵情報


芸工2階 013112007016160 519.04/Ma13 2007

書誌詳細

別書名 標題紙タイトル:Into the soul of Japan : a collection of interviews with Anne McDonald
異なりアクセスタイトル:原日本人やーい! : あん・まくどなるど対談集
著者標目 McDonald, Anne, 1965-
地球・人間環境フォーラム <チキュウ・ニンゲン カンキョウ フォーラム>
件 名 BSH:環境問題
分 類 NDC8:519.04
NDC9:519.04
書誌ID 1001339444
ISBN 9784879505811
NCID BA83079103
巻冊次 ISBN:9784879505811 ; PRICE:1980円
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています