このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:106回

  • 貸出数:15回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
植民地期満洲の宗教 : 日中両国の視点から語る
ショクミンチキ マンシュウ ノ シュウキョウ : ニッチュウ リョウコク ノ シテン カラ カタル

責任表示 木場明志, 程舒偉編
データ種別 図書
出版者 東京 : 柏書房
出版年 2007.9
本文言語 日本語
大きさ 525p : 挿図, 肖像, 地図 ; 22cm
概要 日本諸宗教と現地在来諸宗教の動向を詳細に分析し、満洲における宗教の全体像をはじめて明らかにした、日中両国の研究者12名による共同研究の成果。
目次 第1部 植民地期満洲の宗教(植民地時期満洲の諸宗教抑圧
日本仏教の満洲布教と現地仏教再編の試み
「満州」における如光—日本植民地満州国の宗教政策について
中国地方志に記述される満州国治下の仏教)
第2部 移民を追う諸宗教の満洲進出(旧満洲国における神社の設立について
天理教の植民地期中国東北地域における布教活動とその二面性
中華民国時期に東北民間に宗教が広まった理由
清朝末期および民国初期の中国東北地方における黄天教の活動に関する考察)
第3部 日本仏教の満洲進出と教育(満洲における日本仏教教団の異民族教育
満洲開教と曹洞宗—異民族への教育活動を中心に
第二次世界大戦前の中国東北地域における日本仏教教団の日本語教育—『中外日報』の記事を主にして)
第4部 植民地期満洲の陰翳(偽満洲国時期における東北薩満教について
東北淪陥期文学の一側面—疑遅が描いた「満洲国」を中心に
近代国民国家と戦死者儀礼の変遷—白玉山「表忠塔」をどうみるか
満州引揚げ日本人布教者たちの六十年前の声)
資料編
続きを見る

所蔵情報


中央図 4C_1‐135 [法] 015112007008863 Lj 70/K/252 2007

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:日中両国の視点から語る植民地期満洲の宗教
一般注記 [年表]: 真宗大谷派海外(満洲)布教所設置・人事データ: p463-504
著者標目 木場, 明志(1947-) <キバ, アケシ>
程, 舒偉 <cheng, shu wei>
件 名 BSH:宗教 -- 満州  全ての件名で検索
NDLSH:植民地政策
分 類 NDC8:162.225
NDC9:162.225
NDLC:HK41
書誌ID 1001339259
ISBN 9784760131921
NCID BA83034637
巻冊次 ISBN:9784760131921 ; PRICE:7800円+税
NBN JP21314007
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています