このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:8回

  • 貸出数:15回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
初期室町幕府訴訟制度の研究
ショキ ムロマチ バクフ ソショウ セイド ノ ケンキュウ

責任表示 岩元修一著
データ種別 図書
出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 2007.9
本文言語 日本語
大きさ 7, 287, 14p : 挿図 ; 22cm
概要 十四世紀の幕府の訴訟制度を、所領をめぐる訴訟を中心に検討し、将軍による訴訟親裁化の動きを解明。さらに訴訟手続きに関する体系的研究を文書の機能論から見直し、制度面から初期室町幕府の変革のありように迫る。
目次 課題と構想
第1部 訴訟機関(評定・引付(内談)方
庭中方
内奏方
初期室町幕府の訴訟親裁化)
第2部 訴訟手続き(事書・目安
折紙申状
南北朝期室町幕府の訴状受理手続き—賦の検討を中心に
召文・問状覚書
訴状を封じ下す手続き
初期室町幕府における訴陳状の送達
足利直義裁許状の再検討
南北朝期室町幕府における訴訟関係文書の再検討)
総括と今後の課題
続きを見る

所蔵情報


中央図 2C_74‐89 [文/国史] 005112007513835 国史/3C/2134 2007

中央図 4C_1‐135 [法] 015112008013418 Kj 10/I/71 2007

書誌詳細

著者標目 *岩元, 修一 <イワモト, シュウイチ>
件 名 BSH:法制史 -- 日本  全ての件名で検索
BSH:訴訟
分 類 NDC8:322.14
NDC9:322.14
書誌ID 1001339154
ISBN 9784642028684
NCID BA82828522
巻冊次 ISBN:9784642028684 ; PRICE:9500円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています