このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:14回

  • 貸出数:32回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
格差社会ニッポンで働くということ : 雇用と労働のゆくえをみつめて
カクサ シャカイ ニッポン デ ハタラク ト イウ コト : コヨウ ト ロウドウ ノ ユクエ オ ミツメテ

責任表示 熊沢誠著
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2007.6
本文言語 日本語
大きさ x, 260p : 挿図 ; 19cm
概要 一九九〇年代後半から加速度的に顕在化した雇い方・働かせ方に関する企業労務の展開からもたらされた、雇用形態の多様化、ワーキングプアの急増、働きすぎの人たちと働けない人たちの共存、労働条件が悪くても声をあげられないこと...つまり、“労働問題”こそが、日本をまぎれもなく格差社会とさせているのだ。格差社会論はこれまでも数多いが、労使関係の視点から「労働そのもの」をみつめた議論はいまだなかった。本書は、そ...をみつめつづけてきた著者だからこそ可能となった新しい格差社会論であると同時に、労働研究の到達点から語られる“日本の労働”入門でもある。続きを見る
目次 1章 労働のパノラマ—労働者の第一次的階層形成
2章 格差と不平等をみる視点
3章 大企業と中小企業の処遇格差
4章 個人処遇としての賃金格差
5章 正規雇用と非正規雇用—女性労働者の位置
6章 正規雇用と非正規雇用—若者たち
7章 「働きすぎ」と「働けない」の共存
8章 「官民格差」と公務員バッシング
9章 困窮する人びととセーフティ・ネットワーク
終章 格差是正と労使関係

所蔵情報


中央図 4A 003112007008921 336.021/Ku 36 2007

中央図 4C_1‐135 [法] 015112007022924 Gj 10/K/30 2007

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:格差社会ニッポンで働くということ : 雇用と労働のゆくえをみつめて
一般注記 全10回の市民講座「格差社会ニッポンの労働」 (会期・会場: 2006年秋, エル・おおさか) の録音テープを徹底的に加筆・修正したもの
参考文献: p257-260
著者標目 *熊沢, 誠(1938-) <クマザワ, マコト>
件 名 BSH:雇用
BSH:労働問題 -- 日本  全ての件名で検索
分 類 NDC9:336.021
NDC9:366.021
書誌ID 1001335882
ISBN 9784000224789
NCID BA82294166
巻冊次 ISBN:9784000224789 ; PRICE:1900円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています