このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:115回

  • 貸出数:49回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
C[*]環とK理論
C[*] カン ト K リロン

責任表示 生西明夫, 中神祥臣著
シリーズ 作用素環入門 / 生西明夫, 中神祥臣著 ; 2
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2007.10
本文言語 日本語
大きさ xviiip, p271-531 : 挿図 ; 22cm
概要 作用素環は量子力学の数学的性質を論じるためにvon Neumannによってつくられた数学的概念である。その本質は無限次元線形代数であるが、位相を駆使して無限を調教することで、従来の数学にはない新しい世界が切り拓かれる。本書と先に刊行された『作用素環入門1—関数解析とフォン・ノイマン環』は関連諸分野での現代的な関心も見据えた作用素環の入門書である。本巻では、作用素環のうちでもとりわけ関心の強いC*環...ついて、1巻と独立しても読めるようにまとめてある。C*環の個々の具体例をそれぞれに固有な道具立てとともに紹介することが目標である。本書の最後では、K理論の基礎部分を簡単に紹介し、先に紹介した具体的C*環でK群の計算をおこなう。ここでの議論に親しめば、C*環を用いた非可換複素ベクトル束の記述が自然な数学的対象であることがわかるだろう。続きを見る
目次 3 C*環の各論(準備
AF環
Fock空間
自己双対CAR環
Toeplitz環とCuntz環
無理数回転環
核型C*環
C*環のK理論)
付録A Weyl‐von Neumannの定理

所蔵情報


理系図1F 開架 003112007034634 415.5/I 38 2007

理系図1F 開架 023112008001832 415.5/I 38 2007

理系図3F 数理独自 023112007000993 IKUN/10/1-2 2007

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:C*環とK理論
一般注記 [*]は上つき文字
参考文献: p523-524
著者標目 生西, 明夫 <イクニシ, アキオ>
中神, 祥臣(1940-) <ナカガミ, ヨシオミ>
件 名 BSH:環(数学)
BSH:関数解析
分 類 NDC9:415.5
書誌ID 1001335814
ISBN 9784000054096
NCID BA83551887
巻冊次 ISBN:9784000054096 ; PRICE:3800円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています