このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:55回

  • 貸出数:20回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
リベラリズムと市民的不服従
リベラリズム ト シミンテキ フフクジュウ

責任表示 鈴木正彦著
シリーズ 叢書21COE-CCC多文化世界における市民意識の動態 / 慶應義塾大学21世紀COEプログラム多文化市民意識研究センター [編] ; 26
データ種別 図書
出版者 東京 : 慶應義塾大学出版会
出版年 2008.1
本文言語 日本語
大きさ xi, 301p ; 22cm
概要 自国の法に従うことがなぜ市民の責務なのか、自由と平等へのコミットメントは法への服従と真に両立可能なのか、なぜ特定の条件下で法を破ることが正当化されるのか、政治理論・法哲学上のこれら壮大なテーマに、理論的に一貫した体系をもって応えようとする挑戦的研究。
目次 なぜ支配は正当化されるのか
第1部 政治的責務(同意は拘束する—社会契約を中心に
便益を受け取るとは何を意味するのか—感謝とフェア・プレイ
正義を果たす義務—ロールズの自然的正義責務論
メンバーであることの重み—連帯的責務の諸相
アナーキズムとは可能か—哲学的アナーキズムと法の権威
良心的兵役拒否権よ平和的生存の権利—強制の正当化と自由の証)
第2部 市民的不服従(品位ある作法—市民的不服従の総則論
市民的不服従とは何か—構成要件論
市民的不服従の正当化—ロールズ、ラッセル、シンガーを中心に
なぜ立憲民主体制は市民的不服従を必要とするのか)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4C_1‐135 [法] 015112009018411 Aj 00/S/112 2008

理系図1F 開架 031112016008751 323.01/Su 96 2008

法科院(Law School) 015112007024183 Jj 00/S/7 2008

比文 社会変動 058112007083076 323.01/Su 96 2008

書誌詳細

著者標目 鈴木, 正彦(1976-) <スズキ, マサヒコ>
件 名 BSH:抵抗権
BSH:自由主義
NDLSH:政治哲学
分 類 NDC8:323.01
NDC9:323.01
NDC9:311.1
書誌ID 1001332769
ISBN 9784766414387
NCID BA8468333X
巻冊次 ISBN:9784766414387 ; PRICE:3800円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています