このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:30回

  • 貸出数:4回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
関ケ原合戦 : 家康の戦略と幕藩体制
セキガハラ カッセン : イエヤス ノ センリャク ト バクハン タイセイ

責任表示 笠谷和比古 [著]
シリーズ 講談社学術文庫 ; [1858]
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2008.1
本文言語 日本語
大きさ 267p : 挿図, 肖像, 地図 ; 15cm
概要 秀吉没後、混沌とする天下掌握への道筋。豊臣政権内部で胚胎した諸問題はやがて家康と三成の二大勢力形成へと収斂してゆく。東西に分かれた両軍が衝突する慶長五年九月一五日。戦いはどのように展開したのか。関ヶ原に未だ到着しない徳川主力の秀忠軍、小早川秀秋の反忠行動、外様大名の奮戦、島津隊の不思議な戦いなど、天下分け目の合戦を詳述。
目次 第1章 豊臣政権とその崩壊(秀吉による天下統一
豊臣政権の政治的矛盾
秀吉没す—関ヶ原前夜)
第2章 三成挙兵(会津討伐
三成の挙兵と西軍の展開
小山の評定
家康の戦略—全国各地の戦闘)
第3章 関ヶ原の合戦—慶長五年九月一五日(東軍の展開と家康出陣
徳川秀忠隊の誤算
赤坂と大垣—東西両軍の対峙
関ヶ原の合戦)
第4章 戦後処理—征夷大将軍任官の政治的文脈(戦後処理と論功行賞—豊臣系武将の処遇
徳川幕府の成立
二重公儀体制)
第5章 むすびに—関ヶ原合戦の歴史的意義(徳川か、豊臣か
近世の国制へ)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 058112007066525 学術文庫 2008

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:関ヶ原合戦 : 家康の戦略と幕藩体制
一般注記 『関ケ原合戦』(講談社メチエ 1994刊)の再刊
参考文献: p254-257
著者標目 笠谷, 和比古(1949-) <カサヤ, カズヒコ>
件 名 BSH:関ケ原の戦(1600)
NDLSH:関ヶ原の戦い(1600)
分 類 NDC8:210.48
NDC9:210.48
NDLC:GB318
書誌ID 1001331481
ISBN 9784061598584
NCID BA84413222
巻冊次 ISBN:9784061598584 ; PRICE:900円(税別)
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています