このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:7回

  • 貸出数:6回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
仕舞える住まいの収納学 : ゴタゴタ病根本治療の処方箋
シマエル スマイ ノ シュウノウガク : ゴタゴタビョウ コンポン チリョウ ノ ショホウセン

責任表示 山口昌伴著
シリーズ 百の知恵双書 ; 014
データ種別 図書
出版者 東京 : 農山漁村文化協会
出版年 2007.11
本文言語 日本語
大きさ 158p ; 25cm
概要 モノ溢れ、片づけても片づけても片づかない今どきの住まい。これは現代日本特有の生活風景である。日本の住まいも昔は片づいていた。今どきの生活景観の乱れはライフスタイル不成立の露呈であり、生活設計の立て直しをゴタゴタ景観が要請しているのだ。仕舞える住まい—その住まい方と仕舞い方を求めてゴタゴタ現象を分析していくとき、そこに近代消費社会のあり方からモノの生物にも似た振舞いまで、実に多面的な事象のからみあい...構造をとらえることができる。レントゲン技師のようにモノ溢れの生活場面を透視して、その原因の相関を解剖したゴタゴタ病根本治療の処方箋。続きを見る
目次 はじめに 片づけても片づけても、片づかない—住まいの収納苦症候群の処方箋
第1章 人・物・生活空間—人・道具・生活系混乱の構図(人・道具システムと生活空間—ゴタゴタ病の原因の構図
溢れはじめたモノの正体—近代産業の功と罪 ほか)
第2章 仕舞う物と仕舞われる物—収納の類型学(収納スツール—お尻の下の宇宙
薬箪笥:百味箪笥—医の哲学と収納具のデザイン ほか)
第3章 仕舞うための住まい—収納の空間学(前面床下収納の家—引越し苦症候群への対応策から
世界一周「玄関」の旅から—解説員常駐・玄関博物館 ほか)
第4章 家の中だけでは片づかない—社会工学の視角から収納を(私有と共有—私有・家財化強要の時代
高度サービス社会—銭湯の収納システム ほか)

所蔵情報


芸工2階 013112007013380 597.5/Y24 2007

書誌詳細

著者標目 山口, 昌伴(1937-) <ヤマグチ, マサトモ>
件 名 BSH:収納
BSH:住宅建築
分 類 NDC8:597.5
NDC9:597.5
NDLC:EF29
書誌ID 1001329148
ISBN 9784540040825
NCID BA83661003
巻冊次 ISBN:9784540040825 ; PRICE:2667円+税
NBN JP21332079
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています