このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:38回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
紙の歴史 : 文明の礎の二千年
カミ ノ レキシ : ブンメイ ノ イシズエ ノ ニセンネン

責任表示 ピエール=マルク・ドゥ・ビアシ著 ; 山田美明訳
シリーズ 「知の再発見」双書 ; 129
データ種別 図書
出版者 大阪 : 創元社
出版年 2006.9
本文言語 日本語
大きさ 190p : 挿図 ; 18cm
概要 1990年には敦煌近郊で、書写の跡が見られる前漢時代の紙片が多数発見された。少なくとも蔡倫が生きた300年前には、すでに文字の伝達媒体として紙が利用されていたことが証明されている。
目次 第1章 アジアの紙
第2章 紙の道
第3章 ヨーロッパの製紙所
第4章 機械とパルプによる工業化の時代
第5章 新たな時代の紙
資料編

所蔵情報


芸工3階 013112006010533 080/C41/129 2006

書誌詳細

別書名 原タイトル:Le papier : une aventure au quotidian
異なりアクセスタイトル:紙の歴史 : 文明の礎の2000年
一般注記 監修: 丸尾敏雄
参考文献: p190
著訳者略歴: 巻末
著者標目 Biasi, Pierre-Marc de
丸尾, 敏雄(1936-) <マルオ, トシオ>
山田, 美明(1968-) <ヤマダ, ヨシアキ>
件 名 BSH: -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:585.02
NDC9:585.02
書誌ID 1001327843
ISBN 4422211897
NCID BA78454520
巻冊次 ISBN:4422211897 ; PRICE:1600円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています