このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:11回

  • 貸出数:13回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
善悪は実在するか : アフォーダンスの倫理学
ゼンアク ワ ジツザイ スルカ : アフォーダンス ノ リンリガク

責任表示 河野哲也著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 399
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2007.10
本文言語 日本語
大きさ 204p ; 19cm
概要 環境の中の存在という視点をもって、近代以降の哲学、心理学で主流をなしてきた認識論と存在論に再考を促すほどの大きなインパクトを与えたアフォーダンス理論。その革新性は、価値や意味を主観の中の観念のようなものから、環境に実在するものとして捉えなおすという、大きな転回を倫理学に引き起こすものでもあった。「善悪は主観的なもの」という現代の常識を乗り越え、道徳の根源を見つめなおす試みが、いまここに始まる!人間...個別性を尊重する、あらたな倫理学への挑戦。続きを見る
目次 序論 個別の存在を肯定する哲学へ
第1章 アフォーダンス—実在する価値と意味
第2章 生命の規範と社会の規範
第3章 道徳的価値の実在性
第4章 道徳の規範性はどこからくるのか
第5章 法化されない道徳と「直接の共同体」

所蔵情報


中央図 4A 028112009506118 150/Ko 76 2007

中央図 4Wa_10‐21 [新書] 058112007040811 081.6/Ko 19/(399) 2007

書誌詳細

著者標目 河野, 哲也(1963-) <コウノ, テツヤ>
件 名 BSH:倫理学
分 類 NDC8:150
NDC9:150
書誌ID 1001320820
ISBN 9784062583992
NCID BA83364595
巻冊次 ISBN:9784062583992 ; PRICE:1500円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています