このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:5回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
近代日本と小笠原諸島 : 移動民の島々と帝国
キンダイ ニホン ト オガサワラ ショトウ : イドウミン ノ シマジマ ト テイコク

責任表示 石原俊著
データ種別 図書
出版者 東京 : 平凡社
出版年 2007.9
本文言語 日本語
大きさ 533p : 挿図, 地図 ; 22cm
概要 世界各地から船乗りたちがやってきた、移動民の島々、小笠原諸島。日本帝国に帰化させられた移動民は、近代をどのように生き抜いたのか。史資料の博捜と丹念なフィールドワークに基づいた貴重な実証研究。
目次 はじめに—移動民の島々から
第1章 移動民の占領経験—「カナカ系の人、ケテさん」のライフヒストリーから
第2章 移動民の島々と帝国—本書の理論的視座
第3章 移動民の島々の生成と発展—小笠原諸島をめぐる実践・法・暴力(一八二六‐一八六〇年代)
第4章 水兵たちと島人たち、あるいは法と暴力の系譜学—沖縄島におけるペリー艦隊の衝撃を焦点に(一八五三‐一八五四)
第5章 移動民と文明国のはざまから—ジョン万次郎と船乗りの島々(一八四一‐一八六四)
第6章 海賊から帝国へ—占領への道程(一八六九‐一八八六)
第7章 主権的な法と越境する生—「帰化人」をめぐる自律的な交通(一八七七‐一九二〇年代)
第8章 自由の帝国の臨界—小笠原諸島と「南洋」の系譜学(一八五三‐一九一〇)
第9章 生き延びるためのたたかい—「帰化人」をめぐる動員とテロル(一八七七‐一九四五)
第10章 終わらない占領経験—小笠原諸島の〈戦後〉をめぐって(一九四五‐)
おわりに—擬似大陸意識を超えて
続きを見る

所蔵情報


法 研究室 015112007023320 Zj 50/I/51 2007

書誌詳細

別書名 標題紙タイトル:The Japanese empire and the Ogasawara/Bonin Islands : socio‐historical studies on the naturalized people's encounters with sovereign powers
一般注記 博士論文『移動民・移住民の島々における占領経験と労働・生活世界の変容 : 小笠原諸島をめぐる「近代」経験の歴史社会学的研究』 (京都大学, 2004年) をベースにして大幅な加筆・修正を経たもの
文献・資料: p491-530
著者標目 石原, 俊(1974-) <イシハラ, シュン>
件 名 BSH:小笠原諸島
NDLSH:小笠原村(東京都) -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:小笠原諸島
分 類 NDC8:213.6
NDC9:213.69
NDLC:GC72
書誌ID 1001320704
ISBN 9784582428025
NCID BA83341465
巻冊次 ISBN:9784582428025 ; PRICE:5000円(税別)
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料