このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:58回

  • 貸出数:14回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
「国語」の近代史 : 帝国日本と国語学者たち
コクゴ ノ キンダイシ : テイコク ニホン ト コクゴ ガクシャ タチ

責任表示 安田敏朗著
シリーズ 中公新書 ; 1875
データ種別 図書
出版者 東京 : 中央公論新社
出版年 2006.12
本文言語 日本語
大きさ iv, 308p : 挿図, 肖像 ; 18cm
概要 明治維新後、日本は近代的な統一国家を目指し、ことばの地域差・階層差を解消するため「国語」を創始する。「国語」は国民統合の名の下に方言を抑圧し、帝国日本の膨張とともに植民地・占領地にも普及が図られていく。この「国語」を創り、国家の言語政策に深く関与したのが国語学者であった。仮名文字化、ローマ字化、伝統重視派、普及促進派などの論争を通し、国家とともに歩んだ「国語」と国語学者たちの戦前・戦後を追う。
目次 序章 「国語」を話すということ
第1章 国民国家日本と「国語」・国語学
第2章 植民地と「国語」・国語学
第3章 帝国日本と「日本語」・日本語学
第4章 帝国崩壊と「国語」・「日本語」
第5章 「国語」の傷跡—大韓民国の場合
終章 回帰する「国語」

所蔵情報


理系図2F 文庫新書 058112006052866 中公新書 2006

芸工新書 2階 013112006014381 810/Y62 2006

言文 露語 032112012045158 中公新書 2006

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:国語の近代史 : 帝国日本と国語学者たち
奥付タイトル:「国語」の近代史
一般注記 参考・引用文献: p268-278
「国語」の近代史関連年表: p289-308
著者標目 *安田, 敏朗(1968-) <ヤスダ, トシアキ>
件 名 BSH:国語国字問題 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:810.9
NDC9:810.9
書誌ID 1001318518
ISBN 4121018753
NCID BA79753516
巻冊次 ISBN:4121018753 ; PRICE:880円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています