このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:3回

  • 貸出数:15回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
音楽文化学のすすめ : いま、ここにある音楽を理解するために
オンガク ブンカガク ノ ススメ : イマ ココ ニ アル オンガク オ リカイ スル タメ ニ

責任表示 小西潤子, 仲万美子, 志村哲編
データ種別 図書
出版者 京都 : ナカニシヤ出版
出版年 2007.3
本文言語 日本語
大きさ xi, 264p : 挿図 ; 21cm
概要 音楽から理解される文化の側面は、無限にある。そのなかから、本書では近年の音楽関係学会で取り上げられることの多い「文化の交差」「演奏」「テクノロジー」「参加型活動」「癒しと治療」「調査実践」「グローバリゼーション」の7つをキーワードでまとめた。
目次 1 文化の交差—いかにして、近代以降に東西の音楽が互いに受容され、新しい様式が生み出されたか?
2 演奏—いかにして、音楽実践の現場を学問的に解き明かすことができるか?
3 テクノロジー—いかにして、情報科学やコンピュータ技術は、芸術創作と研究に応用できるか?
4 参加型活動—いかにして、コンサートに代わる創造的なコミュニティ音楽が生み出されるか?
5 癒しと治療—いかにして、ちまたに溢れる「癒しの音楽」と「音楽療法」を見極められるか?
6 調査実践—いかにして、社会調査や実践的アプローチは研究の将来像を描くことができるか?
7 グローバリゼーション—いかにして、辺境の地の音楽は文化を越境する力をもちえたのか?

所蔵情報


理系図2F 開架 058112007025430 761.13/Ko 75 2007

比文 文化表象 058112007003662 761.13/Ko 75 2007

書誌詳細

別書名 奥付タイトル:音楽文化学のすすめ : いま,ここにある音楽を理解するために
異なりアクセスタイトル:音楽文化学のすすめ : いまここにある音楽を理解するために
一般注記 関連文献一覧: p251-256
参考図書, 文献: 各章末
著者標目 小西, 潤子 <コニシ, ジュンコ>
仲, 万美子 <ナカ, マミコ>
志村, 哲 <シムラ, サトシ>
件 名 BSH:音楽社会学
分 類 NDC8:760.13
NDC9:761.13
書誌ID 1001317677
ISBN 9784779501418
NCID BA81490271
巻冊次 ISBN:9784779501418 ; PRICE:2500円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています