このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:11回

  • 貸出数:6回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
『大学病院』の罠 : 福岡大肺気腫手術訴訟をめぐって
『ダイガク ビョウイン』 ノ ワナ : フクオカダイ ハイキシュ シュジュツ ソショウ オ メグッテ

責任表示 仲正昌樹 [ほか] 著
データ種別 図書
出版者 東京 : 御茶の水書房
出版年 2007.4
本文言語 日本語
大きさ iv, 137p ; 21cm
概要 「病院」であると同時に「医学研究機関」でもある「大学病院」では、患者の身体を素材とした先端的な治療=研究が行われているが、その実態は、「医局」の壁に阻まれて、外部からはほとんど把握できなくなっている。実験目的を優先したがゆえの医療過誤が生じて訴訟になっても、本当の原因はなかなか判明しない。福岡大学附属病院で、高度先進医療に指定されていた内視鏡による肺気腫手術を優先したがゆえに、“癌を見逃し”、患者...死に至らしめる事件が起こった。この事件をめぐる患者遺族と、手術に関係した病院の各医局のやり取りを追う。続きを見る
目次 大学病院と「人体実験」(大学病院における「人体実験」
「肺気腫手術」をめぐる訴訟の経緯 ほか)
患者の妻として私が裁判の過程で知り得たこと(夫が福岡大学附属病院に入院するまでの経緯
病院で手術を受けるまでの経緯 ほか)
姉の裁判を支援して(義兄の手術
医師たちに対する不信感 ほか)
看護師として見たおじとおばの裁判(おじの手術
「先生、私、人間です」 ほか)
資料 鑑定意見書

所蔵情報


中央図 4A 058112007056117 498/N 35 2007

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:大学病院の罠 : 福岡大肺気腫手術訴訟をめぐって
一般注記 その他の著者: 山本美代子, 藤井久代, 白石由香
参考文献: p127-131
著者標目 仲正, 昌樹(1963-) <ナカマサ, マサキ>
山本, 美代子(手記) <ヤマモト, ミヨコ>
藤井, 久代 <フジイ, ヒサヨ>
白石, 由香 <シライシ, ユカ>
件 名 BSH:医事紛争
BSH:インフォームド・コンセント
BSH:肺気腫
分 類 NDC8:498.12
NDC9:498.12
書誌ID 1001313001
ISBN 9784275005267
NCID BA82113024
巻冊次 ISBN:9784275005267 ; PRICE:1500円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています