このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:11回

  • 貸出数:7回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
連語論と統語論
レンゴロン ト トウゴロン

責任表示 松本泰丈著
データ種別 図書
出版者 東京 : 至文堂
出版年 2006.3
本文言語 日本語
大きさ 318p ; 21cm
概要 奥田靖雄の連語論とクリモフの内容類型学—活格構造論に深く共鳴し、みちびかれながら研究活動を続ける著者の送る一冊。標準語の文法事実だけでなく、方言に現れる文法現象にも常に注意をむけ、日本語の文法構造の多様さをとらえようとする。日本語の未開拓の研究分野に果敢に挑み、まだこういう研究領域があると、これからの日本語研究者に元気を送る一冊。
目次 単語・連語・慣用句
連語論のかんがえかた
に格の名詞と形容詞とのくみあわせ—連語の記述とその周辺
連語の記述をめぐって—奥田靖雄「を格の名詞と動詞とのくみあわせ」にまなぶ
なづけの単位としての連語
「連語」概念の発達
連語のくみたてにくわわる名詞—名詞のハダカ格・ガ格のあつかいをめぐって
琉球方言の主格表現の問題点—岩倉市郎『喜界島方言集』の価値
「能格」現象と日本語—琉球方言のばあい
「行為動詞」おぼえがき—三上章説の点検
「現象文」のこと
琉球方言と中国語—クミタテのつきあわせから
ヴォイスをどうとらえるか
品詞と文の部分
変形をめぐって
続きを見る

所蔵情報


中央図 1B_2‐12 [文/国文] 005112006024013 国文/10H/239 2006

書誌詳細

一般注記 参考文献あり
著者標目 *松本, 泰丈(1941-) <マツモト, ヒロタケ>
件 名 BSH:日本語 -- 構文論  全ての件名で検索
分 類 NDC8:815.1
NDC9:815.1
書誌ID 1001312439
ISBN 478430262X
NCID BA76548951
巻冊次 ISBN:478430262X
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています