このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:34回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
中國古典文學論集 : 松浦友久博士追悼記念
チュウゴク コテン ブンガク ロンシュウ : マツウラ トモヒサ ハカセ ツイトウ キネン

責任表示 松浦友久博士追悼記念中國古典文學論集刊行會編集
データ種別 図書
出版者 東京 : 研文出版
出版年 2006.3
本文言語 日本語,中国語
大きさ 1068, 6p, 図版 [1] 枚 ; 22cm
目次 從詩歌文本中探求創作原理 : 論松浦友久教授的中國詩型研究 / 葛曉音 [著]
關於古典詩歌的"詩語" / 孫昌武 [著]
虚構の詩學 / 松本肇 [著]
風馬牛考 / 鈴木健之 [著]
詩歌の言語表現における雅俗觀 : 『詩經』「蕭蕭馬鳴」をめぐって / 田中和夫 [著]
『讀風臆評』論 : 明代戴君恩の詩經學 / 村山吉廣 [著]
金城攷 : 《『尚書》<禹貢>孔傳「金城」に「僞の鐵證」ありや否やを論ず / 中島敏夫 [著]
「項羽本紀」について / 井口博文 [著]
漢鐃歌「戰城南」に關する一考察 / 戸倉英美 [著]
六朝の即興創作に關する一考察 / 福井佳夫 [著]
曹植の「七哀」と晉樂所奏の「怨詩行」について : 不可解な二箇所の改變を中心に / 矢田博士 [著]
小鳥の飛翔 : 阮籍・張華から郭象へ / 興膳宏 [著]
崑崙と水 : 郭璞『山海經圖讚』「崑崙丘」にみる水の宇宙 / 松浦史子 [著]
元嘉時代の謝莊 / 佐藤正光 [著]
『詩品』陶淵明評における「世歎其質直」の解釋について / 住谷孝之 [著]
李善注における二、三の問題點 / 清水凱夫 [著]
舊鈔無注本『文選』に見られる「臣君」について / 富永一登 [著]
貧女詩考 / 詹滿江 [著]
唐代詩人の食性 : 蟹・南食・筍 / 丸山茂 [著]
宋玉の故宅 : 唐詩に見えるその位相 / 鎌田出 [著]
王維の自閉的志向 / 内田誠一 [著]
唐詩における「詩人」と「畫家」 : 王維詩を手がかりに / 紺野逹也 [著]
咸淳本《李翰林集》源流和名稱簡論 / 郁賢皓 [著]
李白の生い立ちと任俠・神仙 / 岡村繁 [著]
蓮花の中の李白 : 詩語による表現分析 / 市川桃子 [著]
白雲愁色滿蒼梧 : 李白における「蒼梧」と「海」 / 寺尾剛著 [著]
李白詩と「木蘭詩」 : 「木蘭詩」の形成と傳承 / 長谷部剛 [著]
李白「逸興」考 / 渡部れい子 [著]
李白の飮酒詩における酒量表現について : 杜甫・白居易と比較しつつ / 高橋良行 [著]
「杜甫嚴武反目説話」の消長 / 松原朗 [著]
廣廈千萬間 : 杜甫と白居易 / 川合康三 [著]
『杜詩詳註』における「論世知人」 : 浙東鄞縣という文化的磁場 / 佐藤浩一 [著]
中唐初期における蘇州文壇の形成についての一考察 : 文學理論の展開と五言古體詩について / 土谷彰男 [著]
權徳輿の文學論と三教 / 須藤健太郎 [著]
唐釋皎然の詩論について : 中國詩學「景情交融」の主題に即して / 赤井益久 [著]
白居易の單衣もの / 田口暢穗 [著]
白居易と魚釣り / 下定雅弘 [著]
白居易における松と竹 / 埋田重夫 [著]
劉禹錫「竹枝詞」の特徴 : 杜甫「夔州歌十絶句」との比較から / 梅田雅子 [著]
韓孟聯句について : 短編の作品を中心に / 齋藤茂 [著]
『杜牧詩選』補注 / 植木久行 [著]
「再生の祕儀」考 : 反魂香の來源をめぐって / 増子和男 [著]
北宋時期の書物に見られる詩跡的觀點について / 松尾幸忠 [著]
宋代士大夫の詩歌觀 : 蘇軾「白俗」評の意味するもの / 内山精也 [著]
歴代諸選本における辛棄疾の詞 / 村上哲見 [著]
詩作活動から見た朱子の陶淵明觀 / 宇野直人 [著]
詞と訓讀 / 後藤淳一 [著]
宋代傳奇の特徴 : 「長恨歌傳」と「楊太眞外傳」との比較から見る / 竹田晃 [著]
朝鮮本『夾注名賢十抄詩』中の「梁山伯祝英臺傳」と「梁祝故事」説唱作品との關聯 / 芳村弘道 [著]
明清の性靈派 / 福本雅一 [著]
「明史樂府」序説 : 呉炎・潘檉章『今樂府』について / 兒島弘一郎 [著]
沈徳潛と袁枚の交渉をめぐって / 佐藤一郎 [著]
清代小説の翻案と翻譯をめぐって : 褚人穫『隋唐演義』を和文に翻案し、中文に翻譯された宮崎繁吉『楊貴妃』 / 竹村則行 [著]
論徐志摩詩文古典風範之内在成因 / 加藤阿幸 [著]
陳夢家逸詩考 : 「一朵野花」前後 / 稻畑耕一郎 [著]
「大」字二音續考 / 平山久雄 [著]
杜甫はどのような韻書を使ったのか : 『刊謬補缺切韻』を一つの指標として / 水谷誠 [著]
『正字通』における中古全濁上聲字の扱い / 古屋昭弘 [著]
「身」の一人稱代名詞説をめぐって / 井上一之 [著]
詩語としての「悲」と「哀」 : 唐代までの詩の用例を中心に / 許山秀樹 [著]
『經國集』試帖詩考 / 半谷芳文 [著]
道眞「九月十日」詩篇考 / 堀誠 [著]
三たび『文集』は<もんじゅう>か<ぶんしゅう>か : 同音衝突と同音回避の現象から / 神鷹徳治 [著]
芙蕖館二代目服部仲英論 / 徳田武 [著]
廣瀬淡窓と陶淵明 / 林田愼之助 [著]
続きを見る

所蔵情報


文 中文(研究室) 005112006005887 中文/42A/1043 2006

書誌詳細

別書名 その他のタイトル:Essays on Chinese classical literature dedicated to the memory of Dr. Matsuura Tomohisa
異なりアクセスタイトル:松浦友久博士追悼記念中国古典文学論集
内容注記 從詩歌文本中探求創作原理 : 論松浦友久教授的中國詩型研究 / 葛曉音 [著]
關於古典詩歌的"詩語" / 孫昌武 [著]
虚構の詩學 / 松本肇 [著]
風馬牛考 / 鈴木健之 [著]
詩歌の言語表現における雅俗觀 : 『詩經』「蕭蕭馬鳴」をめぐって / 田中和夫 [著]
『讀風臆評』論 : 明代戴君恩の詩經學 / 村山吉廣 [著]
金城攷 : 《『尚書》<禹貢>孔傳「金城」に「僞の鐵證」ありや否やを論ず / 中島敏夫 [著]
「項羽本紀」について / 井口博文 [著]
漢鐃歌「戰城南」に關する一考察 / 戸倉英美 [著]
六朝の即興創作に關する一考察 / 福井佳夫 [著]
曹植の「七哀」と晉樂所奏の「怨詩行」について : 不可解な二箇所の改變を中心に / 矢田博士 [著]
小鳥の飛翔 : 阮籍・張華から郭象へ / 興膳宏 [著]
崑崙と水 : 郭璞『山海經圖讚』「崑崙丘」にみる水の宇宙 / 松浦史子 [著]
元嘉時代の謝莊 / 佐藤正光 [著]
『詩品』陶淵明評における「世歎其質直」の解釋について / 住谷孝之 [著]
李善注における二、三の問題點 / 清水凱夫 [著]
舊鈔無注本『文選』に見られる「臣君」について / 富永一登 [著]
貧女詩考 / 詹滿江 [著]
唐代詩人の食性 : 蟹・南食・筍 / 丸山茂 [著]
宋玉の故宅 : 唐詩に見えるその位相 / 鎌田出 [著]
王維の自閉的志向 / 内田誠一 [著]
唐詩における「詩人」と「畫家」 : 王維詩を手がかりに / 紺野逹也 [著]
咸淳本《李翰林集》源流和名稱簡論 / 郁賢皓 [著]
李白の生い立ちと任俠・神仙 / 岡村繁 [著]
蓮花の中の李白 : 詩語による表現分析 / 市川桃子 [著]
白雲愁色滿蒼梧 : 李白における「蒼梧」と「海」 / 寺尾剛著 [著]
李白詩と「木蘭詩」 : 「木蘭詩」の形成と傳承 / 長谷部剛 [著]
李白「逸興」考 / 渡部れい子 [著]
李白の飮酒詩における酒量表現について : 杜甫・白居易と比較しつつ / 高橋良行 [著]
「杜甫嚴武反目説話」の消長 / 松原朗 [著]
廣廈千萬間 : 杜甫と白居易 / 川合康三 [著]
『杜詩詳註』における「論世知人」 : 浙東鄞縣という文化的磁場 / 佐藤浩一 [著]
中唐初期における蘇州文壇の形成についての一考察 : 文學理論の展開と五言古體詩について / 土谷彰男 [著]
權徳輿の文學論と三教 / 須藤健太郎 [著]
唐釋皎然の詩論について : 中國詩學「景情交融」の主題に即して / 赤井益久 [著]
白居易の單衣もの / 田口暢穗 [著]
白居易と魚釣り / 下定雅弘 [著]
白居易における松と竹 / 埋田重夫 [著]
劉禹錫「竹枝詞」の特徴 : 杜甫「夔州歌十絶句」との比較から / 梅田雅子 [著]
韓孟聯句について : 短編の作品を中心に / 齋藤茂 [著]
『杜牧詩選』補注 / 植木久行 [著]
「再生の祕儀」考 : 反魂香の來源をめぐって / 増子和男 [著]
北宋時期の書物に見られる詩跡的觀點について / 松尾幸忠 [著]
宋代士大夫の詩歌觀 : 蘇軾「白俗」評の意味するもの / 内山精也 [著]
歴代諸選本における辛棄疾の詞 / 村上哲見 [著]
詩作活動から見た朱子の陶淵明觀 / 宇野直人 [著]
詞と訓讀 / 後藤淳一 [著]
宋代傳奇の特徴 : 「長恨歌傳」と「楊太眞外傳」との比較から見る / 竹田晃 [著]
朝鮮本『夾注名賢十抄詩』中の「梁山伯祝英臺傳」と「梁祝故事」説唱作品との關聯 / 芳村弘道 [著]
明清の性靈派 / 福本雅一 [著]
「明史樂府」序説 : 呉炎・潘檉章『今樂府』について / 兒島弘一郎 [著]
沈徳潛と袁枚の交渉をめぐって / 佐藤一郎 [著]
清代小説の翻案と翻譯をめぐって : 褚人穫『隋唐演義』を和文に翻案し、中文に翻譯された宮崎繁吉『楊貴妃』 / 竹村則行 [著]
論徐志摩詩文古典風範之内在成因 / 加藤阿幸 [著]
陳夢家逸詩考 : 「一朵野花」前後 / 稻畑耕一郎 [著]
「大」字二音續考 / 平山久雄 [著]
杜甫はどのような韻書を使ったのか : 『刊謬補缺切韻』を一つの指標として / 水谷誠 [著]
『正字通』における中古全濁上聲字の扱い / 古屋昭弘 [著]
「身」の一人稱代名詞説をめぐって / 井上一之 [著]
詩語としての「悲」と「哀」 : 唐代までの詩の用例を中心に / 許山秀樹 [著]
『經國集』試帖詩考 / 半谷芳文 [著]
道眞「九月十日」詩篇考 / 堀誠 [著]
三たび『文集』は<もんじゅう>か<ぶんしゅう>か : 同音衝突と同音回避の現象から / 神鷹徳治 [著]
芙蕖館二代目服部仲英論 / 徳田武 [著]
廣瀬淡窓と陶淵明 / 林田愼之助 [著]
一般注記 欧文タイトルは巻末 (英文目次) による
松浦友久博士の遺影あり
松浦友久博士年譜: p[1]-25
松浦友久博士著作目録: p[27]-72
著者標目 *松浦友久博士追悼記念中國古典文學論集刊行會 <マツウラ トモヒサ ハカセ ツイトウ キネン チュウゴク コテン ブンガク ロンシュウ カンコウカイ>
件 名 BSH:中国文学
BSH:松浦, 友久
分 類 NDC9:920.4
書誌ID 1001312315
ISBN 4876362599
NCID BA76599180
巻冊次 ISBN:4876362599 ; PRICE:25000円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています