このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:1回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
朝鮮村落社会史の研究
チョウセン ソンラク シャカイシ ノ ケンキュウ

責任表示 李海濬著 ; 井上和枝訳
シリーズ 韓国の学術と文化 ; 24
データ種別 図書
出版者 東京 : 法政大学出版局
出版年 2006.3
本文言語 日本語
大きさ xii, 375, 9p : 挿図 ; 22cm
概要 14世紀以降の朝鮮時代、人々は、地縁・血縁に基づく生産・生活の共同空間であり、行政と文化の根源的単位となる伝統的集落マウルを中心に、村落社会を形成してきた。その歴史的な村落の構造的変化を展望して、村落自治の発展、祭祀や習俗も含む落村生活の具体相を、地方史料の周到な読解により解明する。支配層の動向を中心とした従来の村落社会史研究を、村落民とその伝統的組織の視座に立つ研究へと転換させ、前近代東アジア村...社会の比較検討に貴重な礎を築いた労作。前近代地方史の「資料論」で、研究案内となる「村落の組織と運営資料」を付す。続きを見る
目次 第1章 村落・村落民、村落組織
第2章 村落の位相と編成
第3章 村落共同体と村落民組織
第4章 士族組織と村落民組織
第5章 同族マウルの形成と組織
参考資料 村落の組織と運営資料

所蔵情報


中央図 4A 003112006011988 221.05/I 11 2006

経 研究室 058112006008597 221.05/I 11 2006

文 朝鮮史(研究室) 021112010003496 朝鮮史/224J/103 2006

書誌詳細

別書名 その他のタイトル:The history of village society in the Chosun dynasty
その他のタイトル:朝鮮時期の村落社会史
異なりアクセスタイトル:조선시기 촌락사회사
一般注記 欧文タイトルは標題紙裏による
原本日本語タイトル(「訳者あとがき」による): 「朝鮮時期の村落社会史」
参考文献: p365-371
著者標目 李, 海濬(1952-) <이, 해준>
井上, 和枝(1946-) <イノウエ, カズエ>
件 名 BSH:朝鮮 -- 歴史 -- 李朝時代  全ての件名で検索
BSH:村落 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:221.05
NDC9:221.05
書誌ID 1001312003
ISBN 4588080245
NCID BA76483539
巻冊次 ISBN:4588080245 ; PRICE:5200円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています