このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:4回

  • 貸出数:2回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
克服・拮抗・模索 : 文革後中国の文学理論領域
コクフク キッコウ モサク : ブンカクゴ チュウゴク ノ ブンガク リロン リョウイキ

責任表示 宇野木洋著
データ種別 図書
出版者 京都 : 世界思想社
出版年 2006.3
本文言語 日本語
大きさ xx, 337p : 挿図 ; 22cm
概要 文革終結から21世紀初頭という激動期に、文学理論・文化批評は如何なる課題に直面し、その課題と如何に切り結びつつ思考の展開を図ったのか。こうした問題群を、文革以前の理論に対する批判動向と新たな理論的営為の紹介を通じて考察する。
目次 第1編 「プレモダン」現象の根深さとその克服(「プレモダン」的枠組からの脱出—「文芸講話」批判の軌跡
「リアリズムの復権」に向けて—創作方法としての「革命的リアリズムと革命的ロマンチシズムの結合」をめぐる状況的整理)
第2編 「モダン」現象との拮抗と多元化(欧米理論の受容と「誤読」—「崛起的詩群」が投げかけた問題群
欧米理論受容形態としての「転向」/「回心」—一九八〇年代における「モダン」との拮抗の一側面
人間を基軸に据えた独自の理論的営為—「文学主体性」論の周辺)
第3編 「ポストモダン」現象への戸惑いと模索(「後学“ポスティズム”」という視角—一九九〇年代における「ポストモダン」言説受容の一側面
「市場社会」との拮抗と「近代」への再審—「新左派」の思索と営為)

所蔵情報


中央図 1A 058112006022988 920.27/U 77 2006

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:克服拮抗模索 : 文革後中国の文学理論領域
著者標目 宇野木, 洋(1954-) <ウノキ, ヨウ>
件 名 BSH:中国文学 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:920.27
NDC9:920.27
書誌ID 1001311016
ISBN 4790711714
NCID BA76309837
巻冊次 ISBN:4790711714
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料