このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:7回

  • 貸出数:8回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
セネカ
セネカ

責任表示 角田幸彦著
シリーズ Century books ; . 人と思想 ; 186
データ種別 図書
出版者 東京 : 清水書院
出版年 2006.4
本文言語 日本語
大きさ 279p, 図版 [1] 枚 : 挿図, 地図, 肖像 ; 19cm
概要 ローマ帝政の暴虐・狂態を生き、その運命を「伴侶」と「対話」したセネカ。彼は、ローマ共和政を哲学したキケローと並んで、ヨーロッパ精神史の恩人である。セネカは哲学者・悲劇作家・宮廷政治家であった。本書では、彼を倫理思想家としてのみならずその全体像で描こうと、彼の多彩で奥の深い人間性に迫ろうとした。
目次 1 セネカの生涯—セネカとその時代(幼年時代
ティベリウスの時代(一四〜三七年)
カリグラの時代(三七〜四一年)
クラウディウスの時代(四一〜五四) ほか)
2 セネカの思想(哲学者セネカの独自性
哲学・倫理学著作
道徳書簡集
自然研究 ほか)

所蔵情報


理系図1F 開架 058112007029186 131.5/Se 61 2006

書誌詳細

一般注記 セネカ年譜: p255-257
セネカに関する参考文献: p258-270
著者標目 角田, 幸彦(1941-) <カクタ, ユキヒコ>
件 名 NDLSH:Seneca, Lucius Annaeus (4B.C.-A.D.65)
分 類 NDC8:131.5
NDC9:131.5
書誌ID 1001310945
ISBN 4389411861
NCID BA76368155
巻冊次 ISBN:4389411861 ; PRICE:850円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています