このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:14回

  • 貸出数:2回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
平将門の乱
タイラノ マサカド ノ ラン

責任表示 川尻秋生著
シリーズ 戦争の日本史 ; 4
データ種別 図書
出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 2007.4
本文言語 日本語
大きさ 8, 235, 8p, 図版[4]p : 挿図 ; 20cm
概要 平安貴族社会を揺るがした辺境の反乱=平将門の乱。全国各地に伝説が残り、今なお人々の絶大な信仰を集める将門の知られざる実像とその時代を、『将門記』や新史料などから描き出し、将門の乱の歴史的影響を検証する。
目次 1 平将門とその時代(『将門記』とは何か
治安の悪化 ほか)
2 将門の乱を探る(事件のはじまり
武蔵国への介入 ほか)
3 独立国家の夢(藤原純友の蜂起
国家の対応 ほか)
4 後世への影響(平安貴族からみた将門の乱
武士の成立 ほか)

所蔵情報


中央図 4A 003112008017794 210.19/Se 73 2008

中央図 2C_74‐89 [文/国史] 005112007015865 国史/1A/136 2008

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:平将門の乱
一般注記 参考文献: p232-235
略年表: 巻末p1-8
著者標目 *川尻, 秋生 <カワジリ, アキオ>
件 名 NDLSH:平将門の乱(939-940)
NDLSH:平, 将門
分 類 NDC8:210.37
NDC9:210.37
書誌ID 1001309233
ISBN 9784642063142
NCID BA81252273
巻冊次 ISBN:9784642063142 ; PRICE:2500円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料