このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:50回

  • 貸出数:6回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
マルクス・アウレリウス「自省録」
マルクス アウレリウス ジセイロク

責任表示 マルクス・アウレリウス [著] ; 鈴木照雄訳
シリーズ 講談社学術文庫 ; [1749]
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2006.2
本文言語 日本語
大きさ 258p ; 15cm
概要 二世紀後半ローマ皇帝となったマルクス・アウレリウスはまたストア派の哲学者でもあった。万有は神的理性に統率されるという合理的存在論に与する精神構造を持つ一方で、文章全体に漂う硬質の無常観はどこから来るのか。自身の心に向かって思念し、心内の軋み・分裂・矛盾をごまかすことなく真摯に生きた哲人皇帝の魂の声。碩学による待望の新訳。

所蔵情報


中央図 4C_1‐135 [法] 015112006000623 Zj 00/M/63 2006

中央図 4Wa_10‐21 [新書] 058112005063464 学術文庫 2006

書誌詳細

別書名 原タイトル:Ad se ipsum
異なりアクセスタイトル:Ta eis heauton
異なりアクセスタイトル:マルクスアウレリウス自省録
異なりアクセスタイトル:自省録
一般注記 底本: Marci Avrelii Antonini Ad se ipsvm : libri XII / edidit Joachim Dalfen (Bibliotheca scriptorum Graecorum et Romanorum Teubneriana) (Leipzig : B.G. Teubner , 1987)
著者標目 Marcus Aurelius, Emperor of Rome, 121-180
鈴木, 照雄(1918-) <スズキ, テルオ>
件 名 FREE:Marcus Aurelius, Emperor of Rome, 121-180
分 類 NDC8:131.5
NDC9:131.5
NDLC:HC21
書誌ID 1001308036
ISBN 4061597493
NCID BA7554198X
巻冊次 ISBN:4061597493 ; PRICE:880円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています