このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:19回

  • 貸出数:7回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
芸術の条件 : 近代美学の境界
ゲイジュツ ノ ジョウケン : キンダイ ビガク ノ キョウカイ

責任表示 小田部胤久著
データ種別 図書
出版者 東京 : 東京大学出版会
出版年 2006.1
本文言語 日本語
大きさ viii, 288, 20p : 挿図 ; 22cm
概要 「芸術」という概念は、18世紀ヨーロッパにおいて「美学」という学問とともに誕生した。それゆえ、「芸術家」「芸術作品」「創造」「独創性」といった芸術にかかわる諸概念の形成も、この近代的な学問の成立と軌を一にしている。しかし、美学の確立へと人々を駆り立てた動因は何であったのか。その答えは制度としての美学それ自体の内に求めることはできない。なぜなら美学の外部にあるものが、その成立を支えているからである。...著『芸術の逆説—近代美学の成立』では、「芸術家」「芸術作品」などの近代美学を内的に構成する基礎概念の歴史を扱った。本書は、「所有」「先入見」「国家」「方位」「歴史」という美学の外の視点からその外部と内部の関係を描き出し、従来の美学史を批判的に検討する。新たな美学の構築にむけた芸術の概念史。続きを見る
目次 プロローグ 中心の喪失—「新しい神話」あるいは「ゴシック幻想」
第1章 所有—近代的「所有権」思想と「芸術」概念
第2章 先入見—習慣の詩学あるいは趣味の政治学
第3章 国家—美学と政治学をめぐる近代性の行方
インテルメッツォ 中心の遍在—ノヴァーリスあるいは政治的汎神論の美学
第4章 方位—表象としての「東西」「南北」から見た近代的芸術精神の成立
第5章 歴史—普遍と特殊の交叉
エピローグ 中心の批判—ヴォリンガーによる「ヨーロッパ中心主義的」芸術史の批判とその行方

所蔵情報


中央図 4C_1‐135 [法] 015112008500118 Zj 00/O/35 2006

芸工 研究室 050112011015587 701.1/O81 2006

比文 文化表象 058112005055898 701.1/O 81 2006

書誌詳細

別書名 その他のタイトル:Die Bedingung der Kunst : zur Politik des Ästhetischen
一般注記 欧文タイトルは標題紙裏による
文献表: 巻末p10-20
著者標目 *小田部, 胤久(1958-) <オタベ, タネヒサ>
件 名 BSH:芸術
BSH:美学
分 類 NDC8:701.1
NDC9:701.1
書誌ID 1001306246
ISBN 4130802054
NCID BA75161195
巻冊次 ISBN:4130802054 ; PRICE:5200円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています