このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:35回

  • 貸出数:38回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
セキュリティはなぜ破られるのか : 10年使える「セキュリティの考え方」
セキュリティ ワ ナゼ ヤブラレルノカ : 10ネン ツカエル セキュリティ ノ カンガエカタ

責任表示 岡嶋裕史著
シリーズ ブルーバックス ; B-1524
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2006.7
本文言語 日本語
大きさ 221p : 挿図 ; 18cm
概要 「なぜ破られるのか」3つの原則。完全な防御ラインは現実的には作れない。防御ラインの内側の異分子には勝てない。セキュリティを考える上で最弱のパーツは人間である—IT化が日進月歩で進む社会で未知の局面、新しい技術に直面しても、大切な情報、お金、命、名誉...を守るために、この原則をふまえた「セキュリティの考え方」を解説する。
目次 第1章 資産があるから、守らなければならない
第2章 リスクのコントロール
第3章 セキュリティを構築するしくみ
第4章 セキュリティとネットワークの関わり
第5章 なぜセキュリティが破られるのか—セキュリティシステムの三つの原則
第6章 破れないセキュリティシステムは作れるか

所蔵情報


中央図 自動書庫 003112006007713 ブルーバックス//B1524 2006

理系図2F 文庫新書 031112006000371 ブルーバックス//B1524 2006

芸工新書 2階 013112006007133 547/O39 2006

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:セキュリティはなぜ破られるのか : 10年使えるセキュリティの考え方
一般注記 参考図書: p219
著者標目 岡嶋, 裕史(1972-) <オカジマ, ユウシ>
件 名 BSH:コンピュータセキュリティ
分 類 NDC8:007.6
NDC9:007.609
書誌ID 1001304243
ISBN 4062575248
NCID BA77682825
巻冊次 ISBN:4062575248 ; PRICE:860円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています