このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:4回

  • 貸出数:20回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
台所の一万年 : 食べる営みの歴史と未来
ダイドコロ ノ イチマンネン : タベル イトナミ ノ レキシ ト ミライ

責任表示 山口昌伴著
シリーズ 百の知恵双書 ; 011
データ種別 図書
出版者 東京 : 農山漁村文化協会
出版年 2006.7
本文言語 日本語
大きさ 151p : 挿図 ; 25cm
概要 いったい私たちはどうしてこんな食べ方をするようになってしまったのか。もっと美味しく安全な食べ方をしていくために日々の食べる営みの場所...家庭の台所を根本から見直そう。台所からキッチンへの一〇〇年の歩みは、「効率よく」、「美しく」であって、決して「美味しく」、「健康に」ではなかった。今どきのキッチンのありようを徹底的に批判し、台所の一万年に蓄積された「食べる営みの知恵」を掘り起こし、二一世紀の日本...あるべき「美味しい台所革命」を提案する。続きを見る
目次 第1章 食べ事とは、食べ物とは、そして台所とは(大事に織べていくために—食事を「食べ事」と読んでみる
美味しい健康、食べる楽しみ—生命をいただいてわが生命歓ぶ
生命と食事—風景を食べる、大地を食べ尽くす
食べ残しのゆくえ—生ごみと芸術のはざまで)
第2章 台所のいろいろなかたち(台所の成立ちを探る小旅行—食べられる環境を求めて
うちの台所、まちの台所—ホームキッチンとソーシャルキッチン
住まい全体が台所—広がる食べ事の空間
食べられる都市—都市農耕とリサイクル)
第3章 近代日本の台所に起こった事—台所がキッチンと呼び替えられて(食べる営みのシステム—それは重要文化財
台所、この一〇〇年—台所がキッチンに変わった)
第4章 これからの台所、その設計条件—食べる一万年の知恵を(美味しい台所を実現するには—日本の風土に合った日本型台所をつくり出そう
「台所の構え」をもっと自由に—フレキシブル &amp
エコロジカル
食べ事を大事にできる台所—生活の質を高める中心として)
振り出しに戻る「台所のテーマの変遷・一万年双六」
続きを見る

所蔵情報


芸工3階 013112006006791 383.9/Y24 2006

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:台所の1万年 : 食べる営みの歴史と未来
一般注記 折り込図2枚
著者標目 山口, 昌伴(1937-) <ヤマグチ, マサトモ>
件 名 BSH:台所 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:食生活 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:食生活 -- 日本 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:台所
分 類 NDC8:383.9
NDC9:383.9
NDC9:383.81
NDLC:GD51
書誌ID 1001304161
ISBN 4540040790
NCID BA77669736
巻冊次 ISBN:4540040790 ; PRICE:2667円
NBN JP21073496
登録日 2009.09.18
更新日 2014.03.19

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています