このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:27回

  • 貸出数:10回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
うぬぼれる脳 : 「鏡のなかの顔」と自己意識
ウヌボレル ノウ : カガミ ノ ナカ ノ カオ ト ジコ イシキ

責任表示 ジュリアン・ポール・キーナン, ゴードン・ギャラップ・ジュニア, ディーン・フォーク著 ; 山下篤子訳
シリーズ NHKブックス ; 1054
データ種別 図書
出版者 東京 : 日本放送出版協会
出版年 2006.3
本文言語 日本語
大きさ 331p : 挿図 ; 19cm
概要 脳は、鏡に映った像をいかに自分であると認識するのか。他人の心を読み取る能力は、脳のどこで発揮されるのか。チンパンジーやサルなど他の霊長類との比較検討をふまえ、「私が私である」という自己意識や「私」と「あなた」を弁別するナルシスティックな力が右脳優位で生じることを明らかにする。言語能力と結びついた左脳を重視する通説を覆し、「自己の右脳局在説」で脳科学の常識に挑む衝撃の書。
目次 序章 意識とはなにか
第1章 鏡のなかの顔—意識をいかに測定するか
第2章 己を知るチンパンジー—鏡のテストと類人猿
第3章 自己が芽生えるとき—セルフ・アウェアネスの発達
第4章 あなたが知っていることを私は知っている—心の理論
第5章 右脳は劣位か—脳の構造と機能
第6章 脳はどこで自分を見るのか
第7章 自己を失った脳
第8章 私とあなたが出会うところ
第9章 セルフ・アウェアネスはなぜ存在するのか?—新しい脳のモデルを描く

所蔵情報


中央図 4A 058112006050657 491.371/Ke 18 2006

書誌詳細

別書名 原タイトル:The face in the mirror
異なりアクセスタイトル:うぬぼれる脳 : 鏡のなかの顔と自己意識
著者標目 Keenan, Julian Paul
Gallup, Gordon G., Jr.
Falk, Dean
山下, 篤子 <ヤマシタ, アツコ>
件 名 BSH:
BSH:自我
BSH:認識
NDLSH:脳髄
分 類 NDC8:491.371
NDC9:491.371
NDLC:SC364
書誌ID 1001303011
ISBN 4140910542
NCID BA76161259
巻冊次 ISBN:4140910542 ; PRICE:1260円+税
NBN JP21009433
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています