このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:9回

  • 貸出数:4回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
『和漢朗詠集』とその受容
ワカン ロウエイシュウ ト ソノ ジュヨウ

責任表示 田中幹子著
シリーズ 研究叢書 ; 344
データ種別 図書
出版者 大阪 : 和泉書院
出版年 2006.1
本文言語 日本語
大きさ vi, 273p ; 22cm
概要 第一章では、公任が典拠とした古今集の四季観、を取り上げる。第二章は、源氏物語を中心とした受容に関する論を集めたもの。第三章では、「新撰朗詠集」が「和漢朗詠集」から多くのことを学びながら、成立して行く過程を「多賀切」詩題注から立証する。
目次 序章 『和漢朗詠集』の特長について
第1章 『和漢朗詠集』の構成・素材の和漢比較的特徴—勅撰集の美意識を視野に(『和漢朗詠集』「躑躅」成立の背景—王朝の色彩美『和漢朗詠集』「三月尽」意識の展開
『和漢朗詠集』「閏三月」について ほか)
第2章 『和漢朗詠集』所収詩歌の『源氏物語』における受容(『源氏物語』初音巻の明石の君について
『源氏物語』夕顔巻「あまの子なれば宿も定めず」と夕顔の君について
『源氏物語』胡蝶巻の仙境表現—『本朝文粋』巻十詩序との関わり)
第3章 『和漢朗詠集』から『新撰朗詠集』へ(院政期歌学書の『和漢朗詠集』利用について—『和歌童蒙抄』を中心に
基俊の『和漢朗詠集』学習について—「多賀切」詩題注からの考察
『相撲立詩歌合』注釈と「編集意図」私見)

所蔵情報


中央図 1A 003112006012725 919.3/Ta 84 2006

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:和漢朗詠集とその受容
一般注記 博士論文を刊行したもの
著者標目 *田中, 幹子 <タナカ, ミキコ>
件 名 NDLSH:和漢朗詠集
BSH:和漢朗詠集
分 類 NDC8:911.63
NDC9:919.3
書誌ID 1001302542
ISBN 4757603495
NCID BA76039991
巻冊次 ISBN:4757603495 ; PRICE:7000円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています