このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:4回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
脳の機序と知能 : 脳傷害の量的研究
ノウ ノ キジョ ト チノウ : ノウショウガイ ノ リョウテキ ケンキュウ

責任表示 K・S・ラシュレイ著 ; 安田一郎訳
データ種別 図書
出版者 東京 : 青土社
出版年 2006.6
本文言語 日本語
大きさ 308, xiip : 挿図 ; 20cm
概要 脳の障害と知能にはどのような因果関係があるのだろうか。ラットによる膨大な実験を行い、その結果を先駆的な統計処理で分析し、脳の機序の全体像を浮かび上がらせる。実験神経心理学の基礎を作り、その後の心理学の発展に多大な影響を与えたラシュレイの歴史的業績の完訳。
目次 1章 理論と課題
2章 一般的な方法
3章 学習能力に及ぼす脳損傷の影響
4章 保持に対する脳傷害の影響
5章 荒廃したケースの学習の経過
6章 迷路習慣形成後の大脳損傷の作用 習慣の局在
7章 感覚および運動欠損と学習能力低下との関係
8章 実験結果の検討
9章 大脳損傷後の荒廃の本体
10章 ラットと他の動物との比較
11章 順応行動の神経機序
続きを見る

所蔵情報


理系図2F 開架 058112006025515 491.371/L 33 2006

書誌詳細

別書名 原タイトル:Brain mechanisms and intelligence : a quantitative study of injuries to the brain
一般注記 参考文献: 巻末pvi-xii
著者標目 Lashley, Karl S. (Karl Spencer), 1890-1958
安田, 一郎(1926-) <ヤスダ, イチロウ>
件 名 BSH:
BSH:知能
NDLSH:神経病学
NDLSH:生理学的心理学
分 類 NDC8:491.371
NDC9:491.371
NDC9:493.73
書誌ID 1001301958
ISBN 4791762703
NCID BA77208915
巻冊次 ISBN:4791762703 ; PRICE:3200円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料