このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:2回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
最古の王墓 : 吉武高木遺跡
サイコ ノ オウボ : ヨシタケ タカギ イセキ

責任表示 常松幹雄著
シリーズ シリーズ「遺跡を学ぶ」 ; 024
データ種別 図書
出版者 東京 : 新泉社
出版年 2006.2
本文言語 日本語
大きさ 93p : 挿図, 地図 ; 21cm
概要 大陸への玄関口・博多湾に面した早良平野・吉武高木で、大形の甕棺墓・木棺墓がつぎつぎとみつかった。なかでも三号木棺墓から出土した「銅鏡・勾玉・銅剣」の三点セットは、後の「三種の神器」をイメージさせる。時代は弥生中期はじめ、最古の王墓の発見だ。
目次 第1章 最古の王墓を掘る
第2章 甕棺墓と木棺墓
第3章 鏡・玉・剣
第4章 弥生人の精神世界
第5章 弥生の王墓とは
第6章 吉武高木人物往来

所蔵情報


中央図 2C_115‐124 [文/考古] 005112006000517 考古学/01/355 2006

芸工 研究室 013112006017996 210.2/Sh88/24 2006

比文 基層構造 共通 058112007013853 210.025/Sh 88 2006

書誌詳細

別書名 奥付タイトル:最古の王墓・吉武高木遺跡
異なりアクセスタイトル:最古の王墓吉武高木遺跡
一般注記 主な参考文献: p90-92
著者標目 常松, 幹雄(1957-) <ツネマツ, ミキオ>
件 名 BSH:遺跡・遺物 -- 福岡市  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.2
NDC9:210.27
NDC9:219.1
書誌ID 1001301034
ISBN 4787706349
NCID BA7561275X
巻冊次 ISBN:4787706349 ; PRICE:1500円+税
NBN JP20994746
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料