このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:24回

  • 貸出数:19回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
男らしさの社会学 : 揺らぐ男のライフコース
オトコラシサ ノ シャカイガク : ユラグ オトコ ノ ライフ コース

責任表示 多賀太著
シリーズ Sekaishiso seminar
データ種別 図書
出版者 京都 : 世界思想社
出版年 2006.5
本文言語 日本語
大きさ xiii, 221p : 挿図 ; 19cm
概要 家族のため?会社のため?国家のため?あるいは自分のため?—男たちが生きる意味が揺らいでいる今、少年時代から定年後までの各段階を追い、不確かな人生を着実に捉え直す。
目次 第1章 「男」をどう見るか?—男性学の視点と方法
第2章 学校でつくられる男らしさ—学業・スポーツ・生徒集団
第3章 大人の男への道筋—青年期男性のアイデンティティ形成と葛藤
第4章 大人になれない男たち—ポスト青年期のジェンダー関係
第5章 企業社会と男らしさ—能力主義の台頭と男性支配体制の再編
第6章 仕事と育児のはざまで—性別役割分業の揺らぎと父親の葛藤
第7章 第二の人生への軟着陸—中高年男性の危機とその克服
第8章 男社会のゆくえ—男性運動の変遷とこれから

所蔵情報


中央図 4A 058112006028524 367.5/Ta 17 2006

文 社会(研究室) 005112006011826 社会/8/428 2006

書誌詳細

一般注記 参照文献リスト: p200-212
著者標目 多賀, 太(1968-) <タガ, フトシ>
件 名 BSH:男性
分 類 NDC8:367
NDC9:367.5
書誌ID 1001300763
ISBN 4790711919
NCID BA76951841
巻冊次 ISBN:4790711919 ; PRICE:1800円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています