このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:19回

  • 貸出数:14回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
終わらぬ「民族浄化」セルビア・モンテネグロ
オワラヌ ミンゾク ジョウカ セルビア モンテネグロ

責任表示 木村元彦著
シリーズ 集英社新書 ; 0297A
データ種別 図書
出版者 東京 : 集英社
出版年 2005.6
本文言語 日本語
大きさ 254p : 挿図, 肖像, 地図 ; 18cm
概要 1999年のNATO軍の空爆により、コソボ紛争は公式には「終結」したことになっている。しかし現地では、セルビア系の民間人が三〇〇〇人規模で行方不明になるなど、空爆前とは違った形で「民族浄化」が続き、住民たちは想像を絶する人権侵害の危機にさらされている。また、空爆による劣化ウラン弾の被害は甚大で、すべての回収には一〇〇年を要するという。本書は、空爆終了後六年間にわたって現地に通い続けた唯一のジャーナ...ストが、九・一一やイラク戦争の開始以降ほとんど報道が途絶えてしまったセルビア・モンテネグロの現状を告発した、渾身のルポルタージュである。続きを見る
目次 第1章 大コソボ主義(二〇〇一年〜二〇〇二年)(消えた一三〇〇人—セルビア人拉致被害者たち
真っ先に見た事務局長 ほか)
第2章 混迷の中で(二〇〇二年)(劣化ウランとユーゴスラビアの核
一〇月革命の裏側)
第3章 セルビア・モンテネグロの誕生(2003年)(新憲章発布とモンテネグロ
新憲章発布とコソボ ほか)
終章 語り部(二〇〇四年一〇月)(コソボ紛争終結後、最悪の暴動
スミリャネ—「民族浄化」された村にて ほか)

所蔵情報


理系図1F 開架 031112005008314 081/Sh 99 2005

言文 独語 058112005028461 302.3931/Ki 39 2005

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:終わらぬ民族浄化セルビアモンテネグロ
一般注記 ユーゴスラビアとセルビア・モンテネグロに関する年表: p251-254
著者標目 木村, 元彦(1962-) <キムラ, ユキヒコ>
件 名 BSH:セルビア・モンテネグロ
NDLSH:コソボ紛争(1998〜1999)
NDLSH:ユーゴスラビア -- 政治  全ての件名で検索
分 類 NDC8:302.3931
NDC9:302.3931
NDC9:316.8393
書誌ID 1001295526
ISBN 4087202976
NCID BA72409410
巻冊次 ISBN:4087202976 ; PRICE:700円
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています