このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:4回

  • 貸出数:11回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>

ホウ

責任表示 守中高明著
シリーズ 思考のフロンティア
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2005.6
本文言語 日本語
大きさ x, 111p ; 19cm
概要 法の主体とは誰か—望むと望まざるとにかかわらず、われわれの精神と身体は法に貫かれている。法はつねにわれわれの生死に、存在そのものにかかわる経験としてあるのだ。法の起源とは何か、法と暴力、倫理との関係はいかなるものか。原‐形象としてのアンティゴネー、ベンヤミン、デリダの思考を通して、市民的不服従や歓待、死刑の問題を考える。法を生きるわれわれにとって、今、正義はどこにあるのか。
目次 1 法はいかにあるか、法は何をしているか—法・暴力・神話
2 法と倫理のあいだ(「市民的不服従」の思考
歓待の掟—他性・言語・公共空間
死刑を問う)
3 基本文献案内

所蔵情報


中央図 4A 028112009522086 321.1/Mo 57 2005

中央図 4B 058112005016554 321.1/Mo 57 2005

中央図 自動書庫 058112008048151 321.1/Mo 57 2005

芸工3階 013112005007866 321.1/Mo57 2005

書誌詳細

別書名 標題紙タイトル:Law
一般注記 基本文献案内: p99-107
著者標目 守中, 高明(1960-) <モリナカ, タカアキ>
件 名 NDLSH:法哲学
分 類 NDC9:321.1
書誌ID 1001295129
ISBN 4000270109
NCID BA72336940
巻冊次 ISBN:4000270109 ; PRICE:1300円
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています