このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:19回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
CIA失敗の研究
CIA シッパイ ノ ケンキュウ

責任表示 落合浩太郎著
シリーズ 文春新書 ; 445
データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2005.6
本文言語 日本語
大きさ 241p ; 18cm
概要 第二次大戦終結後、東西冷戦構造下で対ソ戦略の中核を担い、世界の情報戦争をリードしたアメリカ。なかでもスパイ=人的諜報のイメージで広く知られたCIAは、その代表格だった。だが冷戦の終焉とともにCIAは対テロ戦略という方向転換を時代に迫られたのだが、「9・11」の悲劇は起きた...。「失われた十年」といわれる九〇年代、なぜCIAは堕ちていったのか?組織とリーダーの在り方の問題をも衝く、気鋭の意欲作。
目次 1章 アメリカ諜報機関の実像
2章 一九九〇年代のCIAと無力な長官たち
3章 敵を失った後の「失われた十年」
4章 CIAとアルカイダの「戦争」
5章 「罪なき者、石を投げよ—そして、誰もいなくなった」
6章 ブッシュの「改悪」
7章 CIAに革命が起きるとき

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 003112005002495 文春新書//445 2005

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:CIA : 失敗の研究
一般注記 参考文献一覧: p233-240
著者標目 落合, 浩太郎(1962-) <オチアイ, コウタロウ>
件 名 BSH:アメリカ合衆国中央情報局
分 類 NDC8:391.6
NDC9:391.6
書誌ID 1001295028
ISBN 4166604457
NCID BA72400143
巻冊次 ISBN:4166604457 ; PRICE:720円
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています