このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:21回

  • 貸出数:11回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
道具の考古学
ドウグ ノ コウコガク

責任表示 佐原真著 ; 金関恕, 春成秀爾編
シリーズ 佐原真の仕事 / 佐原真著 ; 金関恕, 春成秀爾編 ; 2
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2005.5
本文言語 日本語
大きさ xii, 492, 6p : 挿図 ; 20cm
概要 煮炊きのための土器、石を割って鋭い刃をつけたナイフなど、人は道具を作り使うようになった。土器のさまざまな紋様は誰がどのように施したのか。石器はどのような用途をもってどのように発展したのか。土器紋様の施し方から右利き・左利きの多寡を類推した学生時代の論文をはじめ、綿密な観察と民族例の活用が光る卓抜の古代文化論。
目次 手から道具へ・石から鉄へ(原料を加工する
回転運動 ほか)
1 土器をつくる技術(先史時代における右手の優越
弥生式土器製作技術に関する二、三の考察—櫛描紋と回転台をめぐって)
2 縄紋土器と弥生土器(縄文施紋法入門
弥生土器総論 ほか)
3 地域社会と土器(山城における弥生式文化の成立—畿内第1様式の細別と雲ノ宮遺跡出土土器の占める位置
みちのくの遠賀川)
4 石器論(石斧論—横斧から縦斧へ
石斧再論)

所蔵情報


理系図1F 開架 058112005009271 202.5/Sa 16 2005

書誌詳細

一般注記 解説: 上原真人
参考文献: 各論文末
著者標目 佐原, 真(1932-2002) <サハラ, マコト>
金関, 恕(1927-) <カナセキ, ヒロシ>
春成, 秀爾(1942-) <ハルナリ, ヒデジ>
件 名 BSH:考古学
BSH:土器
BSH:石器
分 類 NDC8:202.5
NDC9:202.5
書誌ID 1001293023
ISBN 4000271121
NCID BA71977600
巻冊次 ISBN:4000271121 ; PRICE:3400円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています