このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:7回

  • 貸出数:2回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
ドイツ・バロック器楽論 : 1650~1750年頃のドイツ音楽理論における器楽のタイポロジー
ドイツ バロック キガクロン : 1650 1750ネンゴロ ノ ドイツ オンガク リロン ニオケル キガク ノ タイポロジー

責任表示 佐藤望著
データ種別 図書
出版者 東京 : 慶應義塾大学出版会
出版年 2005.12
本文言語 日本語
大きさ xiii, 312p : 挿図 ; 22cm
概要 本書は、1650年から1750年頃のドイツの音楽理論書のなかから、器楽に関する記述を包括的に研究したものである。とくに、器楽のさまざまな種類とそれらの特徴がどのような体系で捉えられていたかという問題(タイポロジーの問題)と、各種類にあてがわれた名称の問題(ターミノロジーの問題)の解明に焦点を当てている。本研究は、徹底した資料調査により音楽に関する歴史的用語の語義と諸概念の意味連関を、歴史的脈絡から...え直そうとするものである。続きを見る
目次 序論 本研究の課題と方法
第1章 「声楽」と「器楽」
第2章 「高い」音楽と「低い」音楽
第3章 社会的機能
第4章 国民的・民族的・地域的音楽タイプ
第5章 作曲技法

所蔵情報


芸工2階 013112007019698 762.34/Sa85 2005

書誌詳細

別書名 表紙タイトル:Typologie der Instrumentalmusik : in deutschen musiktheoretischen Texten von ca. 1650 bis 1750
その他のタイトル:The typology of instrumental music in German music theory writings, ca. 1650-1750
異なりアクセスタイトル:ドイツバロック器楽論 : 1650-1750年頃のドイツ音楽理論における器楽のタイポロジー
一般注記 英語タイトルはp1による
博士論文 (東京藝術大学, 2004年提出) を刊行したもの
史料: p269-291
参照文献: p293-301
著者標目 佐藤, 望(1965-) <サトウ, ノゾミ>
件 名 BSH:音楽 -- ドイツ  全ての件名で検索
BSH:バロック音楽
BSH:器楽
分 類 NDC8:762.34
NDC9:762.34
書誌ID 1001292504
ISBN 4766412273
NCID BA74813858
巻冊次 ISBN:4766412273 ; PRICE:6000円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています