このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:11回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
手の五〇〇万年史 : 手と脳と言語はいかに結びついたか
テ ノ ゴヒャクマンネンシ : テ ト ノウ ト ゲンゴ ワ イカニ ムスビツイタカ

責任表示 フランク・ウィルソン著 ; 藤野邦夫, 古賀祥子訳
データ種別 図書
出版者 東京 : 新評論
出版年 2005.8
本文言語 日本語
大きさ iv, 430p : 挿図 ; 20cm
概要 著者は、脳科学や神経学、言語学、認知科学などの最新成果や古典的業績を縦横に渉猟し、“脳と身体”をめぐる現代の難問を、“手”を軸に追求していく。しかし、本書の魅力はそれだけに尽きない。マリオネットに息を吹きこむ人形遣い、利き手の指を失くして目覚めたアクセサリー作家、奇術師の手をもつ外科医など、“手”を通して身体と語りあい、困難を克服した“手技のエキスパートたち”との濃密な対話によって、精神活動の源で...る“手”の謎と秘密が鮮やかに描かれる。続きを見る
目次 夜明け
手・思考・言語の結びつき
人類が木からおろした腕
アレクサンドリアとデュッセルドルフの人形の教訓
手と目と空
過去のグリップ
二四カラットの親指
右手には左手がしたばかりのことがわかる
悪ガキ、ポリリス、異質な技術による革命
思想を表現できる手
調和と進化のプレスティッシモ
ルーシーからルルとローズへ
タフで、やさしく、粘り強く
手のなかに隠されているもの
手に向かって進もう
続きを見る

所蔵情報


理系図2F 開架 003112005010896 491.197/W 75 2005

芸工2階 013112005027208 491.19/W75 2005

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:手の500万年史 : 手と脳と言語はいかに結びついたか
原タイトル:The hand : how its use shapes the brain, language, and human culture
一般注記 邦訳文献: p368-369
参考文献: p370-381
原註: p382-418
著者標目 Wilson, Frank R.
藤野, 邦夫(1935-) <フジノ, クニオ>
古賀, 祥子 <コガ, サチコ>
件 名 BSH:
BSH:
MESH:Hand
分 類 NDC8:491.197
NDC9:491.197
書誌ID 1001291665
ISBN 4794806671
NCID BA73276414
巻冊次 ISBN:4794806671 ; PRICE:3500円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています