このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:1回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
ゲルハルト・リヒター写真論/絵画論
ゲルハルト リヒター シャシンロン カイガロン

責任表示 ゲルハルト・リヒターほか著 ; 清水穣訳
データ種別 図書
増補版
出版者 京都 : 淡交社
出版年 2005.8
本文言語 日本語
大きさ 279p : 挿図, 肖像 ; 22cm
概要 ゲルハルト・リヒター。1932年旧東ドイツ、ドレスデン生まれ。1961年西ドイツに移住。現代美術にもっとも影響力をもち、世界最高峰と評される現代ドイツを代表する画家。1993年〜94年、大規模な個展がドイツ美術センター、パリ市立近代美術館などを国際巡回。その後も、ニューヨーク近代美術館での回顧展(2002年)をはじめ、毎年世界の有名美術館で個展が開かれる。2005年、日本初の回顧展開催(金沢21世...美術館、川村記念美術館)。リヒターの作風は、写真を描いたフォト・ペインティングから抽象絵画、鏡から色パネルまで多岐にわたるが、その問題意識は一貫して写真性と光をめぐっている。写真性と光は絵画とどのように関わりあうのか、本書はその40年分のドキュメントでもある。続きを見る
目次 作品1966〜2004
第1章 インタヴュー1972〜1993(ペーター・ザーガーによるインタヴュー(1972年)
アミーネ・ハーゼによるインタヴュー(1977年)
ベンジャミン・ブクローによるインタヴュー(1986年)
ヤン・トルン=プリッカーとの対談(1989年)連作(1977年10月18日)をめぐって
ヨナス・シュトルスフェによるインタヴュー(1991年) ほか)
第2章 インタヴュー2001〜2005(ロバート・ストアによるインタヴュー(2001年)(抄録)
ヤン・トルン=プリッカーとの対話(2004年)
ヤン・トルン=プリッカーによるインタヴュー(2004年5月)『WAR CUT』をめぐって
ベンジャミン・ブクローによるインタヴュー(2005年1月11日)(抄録))
第3章 ノート1962〜1992
続きを見る

所蔵情報


芸工 研究室 013112005022487 723.34/R35 2005

書誌詳細

別書名 原タイトル:Gerhard Richter Texte : Schriften und Interviews
異なりアクセスタイトル:写真論/絵画論
異なりアクセスタイトル:ゲルハルトリヒター写真論絵画論
異なりアクセスタイトル:ゲルハルト・リヒター : 写真論/絵画論
一般注記 企画: ワコウ・ワークス・オブ・アート
原著の抄訳
初訳初版 (1996年刊) に新たなインタヴューや図版を加え、再編集したもの
著者標目 Richter, Gerhard, 1932-
清水, 穣 <シミズ, ミノル>
件 名 NDLSH:Richter, Gerhard(1932-)
分 類 NDC8:723.34
NDC9:723.34
NDLC:KC321
書誌ID 1001291060
ISBN 4473032558
NCID BA73105535
巻冊次 ISBN:4473032558 ; PRICE:2800円+税
NBN JP20828018
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料