このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:44回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
否定的なもののもとへの滞留 : カント、ヘーゲル、イデオロギー批判
ヒテイテキ ナ モノ ノ モト エノ タイリュウ : カント ヘーゲル イデオロギー ヒハン

責任表示 スラヴォイ・ジジェク著 ; 酒井隆史, 田崎英明訳
シリーズ ちくま学芸文庫
データ種別 図書
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 2006.1
本文言語 日本語
大きさ 556p ; 15cm
概要 ソ連・東欧社会主義解体ののち、ナショナリズムの暴走や民族紛争が多発する今日のポストモダン的状況の中で、「主体」は空疎化の一途をたどっている。この袋小路は、打破できるのか?「できる。哲学によって」というのが著者ジジェクの主張である。ラカンの精神分析理論を駆使し、映画やオペラを援用しつつ、カントからヘーゲルまでドイツ観念論に対峙することで、主体の「空虚」を生き抜く道筋を提示する。時代を逆撫でする「スロ...ェニアの知の巨人」が、「否定的なもののもとに滞留すること」(ヘーゲル)を引き受けることに現代人の生存可能性を見出す渾身の大著。続きを見る
目次 第1部 コギト—主体と呼ばれる空虚(「考える私あるいは彼あるいはそれ(「モノ」)」
コギトと性的差異)
第2部 ゆえに—弁証法的誤謬推理(根源的「悪」と関連する事柄
イデオロギーの理論としてのヘーゲルの「本質の論理」)
第3部 われあり—享楽のループ(「おまえを傷つけたその槍だけが、その傷を癒すことができる」
汝のネーションを汝自身として享楽せよ!)

所蔵情報


中央図 4A 058112005058615 139.3/Z 4 2006

中央図 2A 058112006009702 139.3/Z 4 2006

芸工 研究室 013112009023647 139/Z4 2006

言文 独語 058112005054073 139.3/Z 4 2006

書誌詳細

別書名 原タイトル:Tarrying with the negative : Kant, Hegel, and the critique of ideology
一般注記 原著 (Durhan: Duke University Press, 1933) の全訳
底本: 太田出版刊 (1988.4)
著者標目 Žižek, Slavoj
酒井, 隆史(1965-) <サカイ, タカシ>
田崎, 英明(1960-) <タザキ, ヒデアキ>
分 類 NDC8:139
NDC9:139.3
書誌ID 1001285685
ISBN 4480089314
NCID BA74994264
巻冊次 ISBN:4480089314 ; PRICE:1500円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています