このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:31回

  • 貸出数:17回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
脳から見たリハビリ治療 : 脳卒中の麻痺を治す新しいリハビリの考え方
ノウ カラ ミタ リハビリ チリョウ : ノウソッチュウ ノ マヒ オ ナオス アタラシイ リハビリ ノ カンガエカタ

責任表示 久保田競, 宮井一郎編著
シリーズ ブルーバックス ; B-1500
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2005.11
本文言語 日本語
大きさ 206p : 挿図 ; 18cm
概要 脳卒中により、一部の脳細胞は死んでしまう。ではなぜ、麻痺や障害が起こった身体がリハビリにより再び機能を取り戻せるのか?最新の研究により、この回復過程で、残された脳細胞が柔軟に役割や構造を変えていることが明らかになってきた。本書ではそのメカニズムを豊富なデータで示し、脳のことを考えた21世紀のリハビリ治療の考え方を解説する。
目次 第1章 リハビリのスーパーマンクリストファー・リーブ(突然の死
落馬事故で四肢麻痺 ほか)
第2章 脳卒中とリハビリテーション(脳卒中とは?
リハビリテーションはどうおこなわれるのか ほか)
第3章 リハビリで脳が変わる(アメリカにおける脳卒中の現状と研究の方向性
学習における脳の変化 ほか)
第4章 治療の現場(脳卒中リハビリテーション入院の実際
病状の正確な把握 ほか)
第5章 どんな病院で治療を受けるのがよいか(脳から見たリハビリテーション治療の新しい流れ
どこで治療を受けるのがよいか ほか)

所蔵情報


中央図 自動書庫 003112005010061 ブルーバックス//B1500 2005

理系図2F 文庫新書 031112005022058 ブルーバックス//B1500 2005

芸工新書 2階 013112005018768 493/Ku14 2005

書誌詳細

一般注記 参考文献: p200-202
著者標目 久保田, 競(1932-) <クボタ, キソウ>
宮井, 一郎(1959-) <ミヤイ, イチロウ>
件 名 BSH:脳卒中
BSH:リハビリテーション
NDLSH:脳溢血
分 類 NDC8:493.73
NDC9:493.73
NDLC:SC371
書誌ID 1001282417
ISBN 4062575000
NCID BA74253389
巻冊次 ISBN:4062575000 ; PRICE:820円+税
NBN JP20932100
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています