このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:45回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
政党内閣制の成立一九一八〜二七年
セイトウ ナイカクセイ ノ セイリツ 1918 27ネン

責任表示 村井良太著
データ種別 図書
出版者 東京 : 有斐閣
出版年 2005.1
本文言語 日本語
大きさ vi, 346, vip : 挿図 ; 22cm
概要 政党政治に否定的であった明治立憲制の下で、一九二四年から三二年にかけて政党内閣が相次いで成立し、さらに一九二七年に立憲民政党が結成されてからは、立憲政友会と民政党という二大政党の間で政権交代がなされた。そうした政党内閣の成立や政党間での政権交代は、なにゆえに実現し、どのような意味をもっていたのか。それは、戦前日本における政党政治の一つの到達点ではなかったか。一九一八年の原敬政友会内閣成立から二七年...民政党結成まで、政権の新たな担い手となる政党勢力と、首相を選定していた元老・宮中との相互作用を軸に分析・考察し、その現代的意義を問う。続きを見る
目次 第1章 原内閣と憲政会—戦後における新旧の相克(一九一八〜二一年)(元老たちの戦後—原敬という選択
原政友会の戦後—「情意投合」路線上の安定と強化
加藤憲政会の戦後—再生への始動
高橋内閣という選択)
第2章 原以後の試行錯誤—転換期における首相選定(一九二一〜二四年)(高橋内閣と「憲政常道」論の高まり—多数党型政党内閣制への志向
加藤友三郎内閣と「情意投合」—日本型議院内閣制への志向
第二次山本権兵衛内閣と「挙国一致」—「挙国一致」内閣への志向
清浦内閣の成立—貴族院選挙管理内閣)
第3章 一九二四年憲政危機と西園寺公望—二つのオーバーライド(一九二四年)(西園寺公望の政治的人格—文明、世界、そして日本
第二次護憲運動—第一のオーバーライド
清浦内閣の総辞職—第二のオーバーライド
加藤高明の選定と意義—帰結)
第4章 憲政会の体制内化—政党内閣制の契機(一九二四〜二五年)(一九二四年危機の克服過程(克服への体制整備
憲政会のセカンド・テスト)
第二次加藤内閣という選択—憲政会の体制内化)
第5章 政党内閣制の成立—元老以後の国家像を求めて(一九二五〜二七年)(三党鼎立下の政党政治—加藤から若槻へ
初の男子普通選挙をめぐる内閣論の対立
田中義一内閣という選択—政党内閣制の成立と二大政党化
西園寺公望と政党内閣制)
続きを見る

所蔵情報


法 研究室 015112005012425 Lj 70/M/167 2005

書誌詳細

別書名 標題紙タイトル:The establishment of the party cabinet system, 1918-1927
異なりアクセスタイトル:政党内閣制の成立1918〜27年
異なりアクセスタイトル:政党内閣制の成立 : 一九一八〜二七年
一般注記 欧文タイトル: The establishment of the party cabinet system, 1918-1927
主要参考文献: p325-346
著者標目 村井, 良太(1972-) <ムライ, リョウタ>
件 名 BSH:日本 -- 政治・行政 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:政党 -- 日本  全ての件名で検索
BSH:内閣 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 政治 -- 歴史 -- 明治以後  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 政治 -- 歴史 -- 大正時代  全ての件名で検索
分 類 NDC8:312.1
NDC9:312.1
書誌ID 1001279298
ISBN 464107688X
NCID BA70627261
巻冊次 ISBN:464107688X ; PRICE:6000円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています