このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:1回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
ヒト・社会のインターフェース : 身体から社会を読む
ヒト シャカイ ノ インターフェース : シンタイ カラ シャカイ オ ヨム

責任表示 小林修一著
データ種別 図書
出版者 東京 : 法政大学出版局
出版年 2005.4
本文言語 日本語
大きさ vii, 220p : 挿図 ; 21cm
概要 社会は欲望や情動といった身体性に支えられているとする見地から、「状況論」的視座、あるいは「構造論」的視座のいずれかに分岐した現代社会学の射程外に位置する「人間論」的枠組みを再構成し、それに基づく新たな社会学的パラダイムを提示する。ブルデューやギデンズ、エリアスらの理論を援用しつつ展開する社会学的“解体新書”。
目次 第1章 “世界内存在”とメディア(共同世界の存立
行為の枠組み ほか)
第2章 ヒト=社会のアルケー(欲望と無意識
身体 ほか)
第3章 “見えるもの”を解く(相互行為の成立
状況と解釈)
第4章 “見えるもの”と“見えないもの”(状況論の限界と組織
組織と権力 ほか)

所蔵情報


中央図 4A 003112005401667 361/Ko 12 2005

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:ヒト社会のインターフェース : 身体から社会を読む
一般注記 参考文献: p209-220
著者標目 小林, 修一(1951-) <コバヤシ, シュウイチ>
件 名 BSH:社会学
BSH:人間論
分 類 NDC9:361
書誌ID 1001270017
ISBN 4588675087
NCID BA71618120
巻冊次 ISBN:4588675087 ; PRICE:2500円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています