このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:4回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
現代比較政治論 : 民主化研究から民主主義理論へ
ゲンダイ ヒカク セイジロン : ミンシュカ ケンキュウ カラ ミンシュ シュギ リロン エ

責任表示 川原彰著
データ種別 図書
出版者 八王子 : 中央大学出版部
出版年 2005.4
本文言語 日本語
大きさ vi, 343p : 挿図, 地図 ; 22cm
概要 1989年東欧革命後のポスト共産主義の三重の体制転換は、世紀間移行期に世界秩序の大転換をもたらした。市民社会=革命論、世界システム論、比較民主化論、民主主義理論の視座から世界秩序の構造変動を総合的に分析する。
目次 民主化研究から民主主義理論へ—本書の主題と構成
第1部 比較政治学の方法(比較政治学の構想と方法—キーワードと基礎理論
東中欧の民主化研究プロジェクト—『東中欧の民主化の構造』をめぐって)
第2部 市民社会=革命論(民主化における“市民社会”と“政治”—ポーランド「連帯」10年の経験
東中欧の民主化と市民社会論の新展開—理論モデルの整理とその検討を中心に)
第3部 世界システム論(半周辺地域における“民主化”の位相—世界システム論的視座から見た1989年革命
ポスト共産主義の政治経済学—半周辺地域における“民主化”の位相)
第4部 比較民主化論(民主化理論と民主化以後の諸様相—ポスト共産主義の体制転換と「国家性」問題
「中欧」の再発見と欧州統合—EU東方拡大と統一ドイツ)
第5部 民主主義理論(ラディカル・デモクラシーとグローバル・デモクラシー—重層化する民主主義の問題領域
グローバル・デモクラシーの政治理論序説—S.ウォーリンのFugitive Democracy論を手がかりに)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4C_1‐135 [法] 015112005034396 Jj 00/K/67 2005

書誌詳細

一般注記 参考文献あり
著者標目 川原, 彰 <カワハラ, アキラ>
件 名 BSH:政治学
BSH:民主主義
分 類 NDC9:311
書誌ID 1001270011
ISBN 4805711353
NCID BA71617285
巻冊次 ISBN:4805711353 ; PRICE:2800円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料