このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:4回

  • 貸出数:6回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
構造構成的発達研究法の理論と実践 : 縦断研究法の体系化に向けて
コウゾウ コウセイテキ ハッタツ ケンキュウホウ ノ リロン ト ジッセン : ジュウダン ケンキュウホウ ノ タイケイカ ニ ムケテ

責任表示 西條剛央編著
データ種別 図書
出版者 京都 : 北大路書房
出版年 2005.3
本文言語 日本語
大きさ viii, 225p : 挿図 ; 21cm
目次 1章 構造構成的発達研究法とは何か?
2章 縦断研究法のタイプ分類とその選択基準
3章 縦断データに適した統計手法とその選択
4章 個人差を織り込んだ発達データの分析—関心相関性に基づく成長曲線モデルの適用とその結果の解釈
5章 「私」の発達の縦断研究、縦断研究における「私」の発達
6章 「典型人」構成による質的縦断データ分析法

所蔵情報


中央図 4A 058112008057910 143/Sa 19 2005

書誌詳細

一般注記 執筆者紹介: p223-225
著者標目 西條, 剛央(1974-) <サイジョウ, タケオ>
件 名 BSH:発達心理学
NDLSH:発達心理学 -- 方法論  全ての件名で検索
NDLSH:構造主義
分 類 NDC9:143
NDLC:SB151
書誌ID 1001269326
ISBN 4762824283
NCID BA7159035X
巻冊次 ISBN:4762824283 ; PRICE:2800円+税
NBN JP20769488
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています