このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:14回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
『論語』考索
ロンゴ コウサク

責任表示 澤田多喜男著
データ種別 図書
出版者 東京 : 知泉書館
出版年 2009.1
本文言語 日本語
大きさ xv, 409, 11p ; 22cm
概要 『論語』の最古の形はいかなるものか。孔子の活動や孔子学団の実態はどのようであったか。それらの考察を通して二千年以上にわたり中国社会の基盤を支えてきた儒学思想の核心に迫る。『論語』の成立に関して後世の資料や孔子の言葉自身にも信用できないものがあるなど、論語を取り巻く複雑な構造が明かされ、『孟子』については孟子思想の中心にある仁義概念の成立と漢代にかけて古代史が固定される以前の実情や抹殺された古代史に...いて戦国中期の事情を伝える貴重な情報源であることが明らかにされる。経学前史では左氏伝、孟子、筍子などを通し『詩』『書』が固定される以前の実情を考察、経書のはらむ問題点を指摘する。また天人相関説と陰陽配当論では災異説の実際と陰陽の対応について考察する。さらに『漢書』に見られる“故事”が当時の官僚の行動基準に影響を与え、『春秋』とは異なる処罰の基準であることを示す。続きを見る
目次 『論語』考索
孔子の主君と活躍
儒家学団の分派
儒家学団の分派—曾子学派攷
三年之喪攷—『論語』成立時期試探一則
孟子“仁義”説成立攷
『孟子』所見古史攷
郭店楚簡緇衣篇考索
経学前史(一)『左氏伝』所見『詩』『書』攷
経学前史(二)『筍子』『孟子』等所見『詩』『書』攷〔ほか〕

所蔵情報


中央図 4A 003112008036538 123.83/Sa 93 2009

文 中哲(研究室) 005112009010893 中哲/41A/1187

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:論語考索
著者標目 沢田, 多喜男(1932-) <サワダ, タキオ>
件 名 BSH:孔子
BSH:論語
分 類 NDC8:123.83
NDC9:123.83
書誌ID 1001243314
ISBN 9784862850508
NCID BA88852993
巻冊次 ISBN:9784862850508 ; PRICE:7000円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2010.01.07

類似資料