このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:23回

  • 貸出数:8回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
複数の日本語 : 方言からはじめる言語学
フクスウ ノ ニホンゴ : ホウゲン カラ ハジメル ゲンゴガク

責任表示 工藤真由美, 八亀裕美著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 427
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2008.11
本文言語 日本語
大きさ 205p : 挿図, 地図 ; 19cm
概要 ひとくに「日本語」と言うが、それはいったいどこの言葉なのだろうか?本書では、北は青森県から南は沖縄県、さらにブラジルの日系人社会まで、各地で使われているさまざまな言葉を観察することによって、日本語の多様性を発見する旅へと誘う。その道のりでは、均一で単一な「標準語」だけが日本語なのでは決してないことが発見され、さらには、各地の方言が世界の言語と共通する普遍的なあり方をしていることさえあることが明らか...なるだろう。言語学の最前線で研究が進展している言語類型論の手法を用いて、世界各国の言語と方言・標準語を自在に横断する、刺激的な日本語論。続きを見る
目次 1 「あっこに花子ちゃんがいてる」—存在をいかに言い表すか
2 「桜の花が散りよる/散っとる」—標準語は世界標準じゃない!
3 「落ちよった!」—目撃者の文法・エヴィデンシャリティー
4 「生ちゅとーてーさやー」—テンスが伝えるのは時間だけじゃない
5 「花子、美人でら」—美しいのは今日だけ?現象と本質の違い
6 「おかあさん、干してある」—「シテアル」にひそむ地域差
7 「花子、元気ない」は「花子は元気だ」—ふらふらする形容詞と形容動詞
8 「全部食べれれんかった」—可能をいかに言い表すか
9 「ねえ花子、明日学校来る」—質問が尻上がりイントネーションとは限らない
10 「みんなでシュラスカリア、アジューダしよる」—言語接触と日本語

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 058112008062147 081.6/Ko 19/(427) 2008

芸工 研究室 013112009012908 818/Ku17 2008

言文 英語 058112008083065 818/Ku 17 2008

言文 独語 058112008062174 818/Ku 17 2008

言文 スぺイン語 032112010040740 081.6/Ko 19/(427) 2008

書誌詳細

一般注記 参考文献: p201-205
著者標目 工藤, 真由美(1949-) <クドウ, マユミ>
八亀, 裕美 <ヤカメ, ヒロミ>
件 名 BSH:日本語 -- 文法  全ての件名で検索
BSH:日本語 -- 方言  全ての件名で検索
NDLSH:日本語 -- 方言  全ての件名で検索
分 類 NDC9:815
NDC8:815
NDC8:818
NDC9:818
NDLC:KF121
書誌ID 1001242326
ISBN 9784062584272
NCID BA87792207
巻冊次 ISBN:9784062584272 ; PRICE:1500円(税別)
登録日 2009.09.18
更新日 2009.11.02

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています