このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:22回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
日本語会話におけるターン交替と相づちに関する研究
ニホンゴ カイワ ニ オケル ターン コウタイ ト アイズチ ニ カンスル ケンキュウ

責任表示 大浜るい子著
データ種別 図書
出版者 広島 : 溪水社
出版年 2006.9
本文言語 日本語
大きさ v, 290p ; 22cm
目次 1章 バックチャンネルの研究史
2章 バックチャンネルあるいは相づちの機能についての記述から見えてくるもの
3章 日本語会話におけるターン交替形式
4章 ターンの取得放棄と取得再放棄が意味するもの
5章 接続助詞「けど」の会話における機能
6章 終助詞「ね」の会話における機能
7章 本研究における相づちの定義
8章 日本語会話における相づち使用の実態
9章 日本語の相づちはなぜ高頻度なのか
10章 「うん系」の相づちの機能

所蔵情報


中央図 1A 058112009030281 817.8/O 27 2006

言文 スぺイン語 058112006046914 817.8/O 27 2006

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:日本語会話におけるターン交替と相づちに関する研究
一般注記 平成18年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)学術図書
参考文献: p261-271
著者標目 *大浜, るい子(1948-) <オオハマ, ルイコ>
件 名 BSH:日本語 -- 会話  全ての件名で検索
BSH:コミュニケーション
分 類 NDC8:817.8
NDC9:817.8
書誌ID 1001241964
ISBN 4874409377
NCID BA78673626
巻冊次 ISBN:4874409377 ; PRICE:7000円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.12.15

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています