このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:32回

  • 貸出数:9回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
無印ニッポン : 20世紀消費社会の終焉
ムジルシ ニッポン : 20セイキ ショウヒ シャカイ ノ シュウエン

責任表示 堤清二, 三浦展著
シリーズ 中公新書 ; 2013
データ種別 図書
出版者 東京 : 中央公論新社
出版年 2009.7
本文言語 日本語
大きさ iii, 210p ; 18cm
概要 T型フォードの発売からリーマン・ショックまで一〇〇年。自動車の世紀だった二〇世紀が終わり、消費文化は大きな曲がり角を迎えている。大流通グループ「セゾン」を牽引し、無印良品を生み出した堤と、地域の文化の衰退を憂慮する三浦が、消費の未来、日本の将来を語る。「これがいい」ではなく、「これでいい」という「無印」の思想は、企業主導ではない個人主体の生き方を勧めるものである。本当の消費者主権とは何か。
目次 1 アメリカ型大衆消費社会の終わり(自動車の世紀が一〇〇年で終わる
派遣切り
メディアへの懸念)
2 戦後日本とアメリカ(アメリカ体験
地元への愛着
百貨店とファストフード)
3 無印ニッポン(無印良品は反体制商品
ユニクロと無印良品
セゾンと女性とフリーター
都市・建築・生活)
4 日本のこれから(何が失われたか
シンプル族と最大公約数的な情報
日本の経営再考:地方再建のために)
続きを見る

所蔵情報


理系図2F 文庫新書 058112009013246 中公新書 2009

芸工新書 2階 013112009010803 361/Ts94 2009

書誌詳細

著者標目 堤, 清二(1927-) <ツツミ, セイジ>
三浦, 展(1958-) <ミウラ, アツシ>
件 名 BSH:消費
NDLSH:社会変動
BSH:日本
書誌ID 1001238258
ISBN 9784121020130
NCID BA90756198
巻冊次 ISBN:9784121020130 ; PRICE:740円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.11.02

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています