このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:25回

  • 貸出数:13回
    (1年以内の貸出数:5回)

<図書>
近代日本と台湾 : 霧社事件・植民地統治政策の研究
キンダイ ニホン ト タイワン : ムシャ ジケン・ショクミンチ トウチ セイサク ノ ケンキュウ

責任表示 春山明哲著
データ種別 図書
出版者 東京 : 藤原書店
出版年 2008.6
本文言語 日本語
大きさ 412p ; 22cm
概要 「近代国家」日本にとって、「植民地」台湾とは何だったのか?台湾先住民族の抗日武装蜂起「霧社事件」と原敬・後藤新平らの統治思想との両面から、台湾を合わせ鏡とした日本像に迫る。
目次 1 霧社事件と日本人(昭和政治史における霧社事件—植民地統治の政治過程分析
日本陸軍にとっての霧社事件—解説・『台湾霧社事件軍事関係資料』
ウットフが織り給ひし人々—解説・林えいだい『台湾植民地統治史』
台湾原住民タイヤル族一女性の命の記録—書評・中村ふじゑ『オビンの伝言』
語り継ぐセーダッカの叙事詩—書評・アウイヘッパハ『証言霧社事件』
「虹の橋」を渡るキリスト者—井上伊之助の「山地原住民伝道」覚書)
2 台湾統治政策の展開—原敬・後藤新平・岡松参太郎(近代日本の植民地統治と原敬
明治憲法体制と台湾統治—原敬と後藤新平の植民地政治思想
植民地における「旧慣」と法
台湾旧慣調査と立法構想—岡松参太郎による調査と立案を中心に
医学博士・岡松参太郎と台湾
後藤新平の台湾統治論・植民政策論—「政治思想」の視点からの序論)
3 日本における台湾史研究の回顧と展望(台湾近現代史研究会の思い出—第一回東アジア近代史青年研究者交流会議(二〇〇二年八月三〇日)講演記録
「後藤新平伝」編纂事業と“後藤新平アーカイブ”の成立
霧社紀行—研究余聞)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 010112015500415 222.406/H 34 2008

中央図 4C_1‐135 [法] 015112009019856 Lj 70/H/160 2008

理系図1F 開架 058112008025758 222.406/H 34 2008

言文 中国語05 058112009029241 222.406/H 34 2008

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:近代日本と台湾 : 霧社事件植民地統治政策の研究
一般注記 台湾近現代史研究会関係略年表: p363
近代日本と台湾・関係略年表(1868-1945): p404-405
参考文献あり
著者標目 *春山, 明哲(1946-) <ハルヤマ, メイテツ>
件 名 BSH:台湾 -- 歴史 -- 日本統治時代  全ての件名で検索
BSH:日本 -- 対外関係 -- 台湾 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:植民地政策
NDLSH:日本 -- 植民地  全ての件名で検索
NDLSH:民族運動 -- 台湾  全ての件名で検索
NDLSH:霧社事件(1930)
NDLSH:日本 -- 外国関係 -- 台湾 -- 歴史 -- 日本統治時代  全ての件名で検索
分 類 NDC8:222.406
NDC9:222.406
NDC9:319.10224
NDLC:A99-ZC8
書誌ID 1001232652
ISBN 9784894346352
NCID BA85963025
巻冊次 ISBN:9784894346352 ; PRICE:5600円+税
NBN JP21448844
登録日 2009.09.18
更新日 2015.04.15

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています