このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:46回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
日本陸軍と内蒙工作 : 関東軍はなぜ独走したか
ニホン リクグン ト ナイモウ コウサク : カントウグン ワ ナゼ ドクソウ シタカ

責任表示 森久男著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 440
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2009.6
本文言語 日本語
大きさ 302p ; 19cm
概要 壮大かつ無謀な内蒙古独立工作はなぜ立案されたのか?対ソ連・対中国の陸軍基本方針から陸軍軍人のメンタリティーに至るまで、必然の失敗に至る構造的欠陥を新資料を駆使して分析する。
目次 序章 帝国国防方針と中国一撃論
第1章 日本陸軍の革新運動と対中国政策
第2章 内蒙高度自治運動
第3章 満州国と初期内蒙工作
第4章 関東軍の内蒙工作の展開
第5章 欧亜連絡航空路
第6章 外務省池田書記生の「中国一撃論」批判
終章 辺境が照射する日本陸軍の対中国政策の特質

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 058112009006180 081.6/Ko 19/(440) 2009

書誌詳細

著者標目 森, 久男(1949-) <モリ, ヒサオ>
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 昭和時代  全ての件名で検索
BSH:日本 -- 対外関係 -- 中国 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:陸軍 -- 日本  全ての件名で検索
BSH:内モンゴル自治区 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.7
NDC9:210.7
書誌ID 1001230652
ISBN 9784062584401
NCID BA90296203
巻冊次 ISBN:9784062584401 ; PRICE:1800円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています