このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:46回

  • 貸出数:53回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
スピンはめぐる : 成熟期の量子力学
スピン ワ メグル : セイジュクキ ノ リョウシ リキガク

責任表示 朝永振一郎 [著] ; 江沢洋注
データ種別 図書
新版
出版者 東京 : みすず書房
出版年 2008.6
本文言語 日本語
大きさ 284, 59p : 挿図 ; 22cm
概要 スピンの概念は紆余曲折の末に理論的に焦点を結び、相対論化され、量子力学の射程を大きく伸ばした。それは荷電スピンの概念につながり、人知が原子核の内側へ踏み込むことを可能にしたのである。その過程で、「アクロバットのよう」なディラックの思考、つぎつぎと問題の鍵を見いだす「パウリの正攻法」、現象論的な類推から本質に辿り着く「ハイゼンベルク一流の類推法」など、さまざまな個性の頭脳が自然の謎と格闘する。本書は...んな「興奮の時代」と呼ばれた量子力学の成熟過程を、近体験する旅である。続きを見る
目次 夜明け前
電子スピンとトーマス因子
パウリのスピン理論とディラック理論
陽子のスピン
スピン同士の相互作用
パウリ‐ワイスコップとユカワ粒子
ベクトルでもテンソルでもない量
素粒子のスピンと統計
発見の年“1932年”
核力と荷電スピン
再びトーマス因子について
最終講義
続きを見る

所蔵情報


理系図1F 開架 003112008002765 429.1/To 62 2008

理系図1F 開架 031112008003991 421.3/To 62 2008

筑紫図 067112008003334 421.3/To 62 2008

理 物理 統計物理 022112008000027 421.3/To 62 2008

工エネ量 7 027112009000191 421.3/To 62 2009

芸工 研究室 050112010009242 421.3/To62 2009

中分セ 研究室 095112008000092 421.3/To 62 2008

中分セ 研究室 060112010000713 421.3/To 62 2009

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:新版スピンはめぐる : 成熟期の量子力学
一般注記 初版: 中央公論社, 1974年刊
参照文献: p275-281
著者標目 *朝永, 振一郎(1906-1979) <トモナガ, シンイチロウ>
江沢, 洋(1932-) <エザワ, ヒロシ>
件 名 NDLSH:量子力学
分 類 NDC6:421.3
NDC8:421.3
NDLC:MC53
書誌ID 1001230066
ISBN 9784622073697
NCID BA8618041X
巻冊次 ISBN:9784622073697 ; PRICE:4600円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.11.02

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています